« 不精者の換羽 | トップページ | ご無沙汰です! »

2010年10月11日 (月)

シズ、旅立つ

10/4(月) に我が家の”スーパー婆ちゃん”ことシズがお空に旅立ちました。10歳と6ヶ月でした。
すぐに書くのが辛かったのと、仕事多忙につき報告が遅くなってしまいました。ずっと心配していただいていた方々には申し訳ありません。

4日、休日出勤の代休で私の仕事はお休みでした。
シズは私の手のひらの中で4度ほど糞をするようにいきみ、そしてだんだん心臓が弱くなっていきました。名前のとおり静かな最期でした。

ここのところ手の中に入って眠りたがったシズ。そんなときには撫でながら「シズ、大好きやで~」と繰り返し言ってきました。この日も最後までこの言葉を繰り返しました。死ぬ前に「ありがとうね」とか言いたくなかったのと、この言葉が本当にシズに向けてピッタリくる言葉だったので。

シズが大好きだったダンナが不在だったことが残念でした。シズは私たちにとって特別な子だったので、この3連休にダンナが帰阪するのを待って一緒にお別れをしました。シズは今、ゴンの隣に眠っています。

20100929_shizu

なでて、なでて~とケージの入り口までやってきたシズ。9/29の写真です。
この頃から、こんな風にケージ入り口付近にやってきて甘えることが多くなりました。

10月1日、2日と元気にしていたシズは、3日、日曜日の夜に買い物から戻って来たときから全くエサを食べなくなりました。それまでは水を”チー”するのが好きで、薬入りの水も喜んで飲んでくれていたのに、それもほとんどしてくれない。クチバシやアイリングの色は悪くなっていないけど、それまでずっとガツガツ食べていたシズとは思えない変化でした。
この日はペットショップでシズ用に赤いレフライトを買ってきたのですが、それを使うことなく夜通し明るいレフライトの下で眠るシズを、夜中に何度も起きながら見守りました。

朝、シズは糞をしました。
高速道路を使って病院に連れて行きました。ちゃんとした糞が出るということは、内臓は正常ということ。もしかしたら、食べられたら元気になってくれるかもしれないと思ったのです。
病院に行くかどうかは迷っていました。病院に連れて行くことが飼い主の自己満足やエゴになってはいけないと考えていたからです。糞をしたということで、もしかしたらまだ何かできるかもしれないと思い、決断して連れて行ったのです。

死ぬかも知れませんとハッキリ言われましたが、注射をうってくれました。シズは水をたくさん吐きました。肺水腫とのこと。既に肺に水が溜まっていたのです。それを吐き出したシズは幾分落ち着きました。
そういえば数日前から、手の中で眠っていたシズの喉元から「プチプチ」とも「グルグル」ともつかない小さな音が呼吸の度に聞こえていました。手のひらに乗せて喉元を撫でていなければわからない小さな小さな音です。あれは既に肺に水が溜まっていた音だったんですね…。

帰宅してしばらく落ち着いて眠っていたシズですが、数時間もするとしんどそうに場所を移動したり開口呼吸をするようになり、最期を迎えました。
私のいるときに、私の手の中でお別れしてくれたシズは、最後まですごい子だったなあと思います。

今年の夏は猛暑が続き、その後一気に気温が下がりました。その頃から一段階元気がなくなったシズ。眠っている時間が多くなり、ケージの床に降りていることも多くなりました。
老鳥にとって、温度の変化は体に堪えるものです。この文を読んでくれた方たちの文鳥さんが、元気で長生き出きるよう願っています。

今日、シズのケージも片付けました。
そこにシズがいないことにとても違和感があります。
シズは”思考する文鳥”で、小さくて温和ながらもとても存在感のある子でした。その存在感の大きさに今更ながらに驚いています。文鳥はみんな個性的ですが、シズのように賢く、ものを考える文鳥はいなかったなあ。
悲しくて仕方がないということはありません。けどまだしばらくは淋しいですね。

« 不精者の換羽 | トップページ | ご無沙汰です! »

文鳥」カテゴリの記事

コメント

シズちゃん 良く頑張りましたね。
シズちゃんは幸せ文鳥だよ。相性バツグンのパートナーに巡りあって、甘えられるお父さんがいて、最後はお母さんの手の中で虹の橋に‥
ふーさん 思い入れのあるシズちゃんを見送れて、ホッとしてるんじゃないですか?
私もピィを手の中で見届けたいな‥
このコは未婚なので、飼い主にとっては良かったのか悪かったのか考えちゃいますsweat01

シズちゃんのご冥福をお祈りいたします。

シズちゃん、最期の様子は去年9歳で亡くなったうちの文鳥のことを思い出しました。
どこか一ヶ所が悪いというより、老いのため、なんでしょうか・・・。

でもいい一生だったのではないでしょうか。
ふーさんご夫婦に可愛がれ、自分自身の家族にもかこまれ、賑やかで楽しい生活。
ふーさんちの文鳥さんたちの写真にはいつもそんなおだやかな幸せな雰囲気があって、私もそれが大好きでいつも拝見させていただいていました。だから、シズちゃんがいなくなって私も淋しいです・・・。

シズちゃん、特別な子だったというのは写真越しにも分かります。
いつも威厳があって、でもやさしく、みんなの中心だったんじゃないかな?

今は、ゴンちゃんやアキちゃんとまた一緒に居るのでしょうか?
おやすみなさい。

初めまして。シズちゃん…天国に行ってしまったんですね。時々ブログ拝見していたんですが、私も、桜文鳥(12才)並文鳥(7才)を飼ってます…飼ってましたですね。実は、桜文鳥のミッキーが、先月31日に天国に、行ってしまいました。長年一緒に、居ると本当に、何時までも一緒居れるんじゃないかと…錯覚してしまいますね(/_;)お互い辛い日を過ごしてると、思いますが、気持ちを前向きに考えて、温かく天国に送ってあげましょうね。

お久しぶりです。
だいぶ遅いコメント失礼します。
以前、白内障についていくどかコメントさせて頂いた者です。

今回、腫瘍で検索してこのブログに再び訪れました。
どうも症状が似通っているようで・・・老鳥は大体こういう感じなのでしょうか。
昨日、我が家の白内障の11歳の文鳥も、シズちゃんと同じように息を引き取りました。

予め、こちらを拝見し、同様の症状だとどのように最期を迎えるのかがわかっていたので、それらしい症状が出たあたりで覚悟を決めて看取ることができました。
うちの場合も、異音の状況からして肺に水がたまっており、エサを食べなくなり糞だけはしてというのも、開口呼吸をして動き回るという最期の状況も、ほぼ全て一緒でした。

貴重な体験談を書いて頂いて、どうもありがとうございました。
お互いの文鳥が安らかに眠ってくれることを祈るばかりです。

ふ~さん お久しぶりです。
さくらがお世話になった高橋です。

シズが旅立った日記を読みましたが、ご連絡できずにいました。
ごめんなさい。。。

シズが天国に行って1年が過ぎましたね。
ふ~さん、旦那さん、お元気ですか?

実は、今日、さくらが亡くなりました。
7歳と7ヶ月でした。
最近、よく寝るようになり、寒くなったからかなぁと思っていました。
口ばしの色もアイリングの色も悪くなく、
病院には連れて行っていませんでした。

しかし、昨夜足が立たなくなり、すぐに病院へ行ったのですが、
今は弱っているので酸素を入れて暖かくしてあげて、
翌日に検査を、、、ということになり、入院させていました。
(鳥専門の病院ではなかったのですが。。。せっかく連れて行っても
処置がないのであれば、自宅に一緒に帰る選択もありだっのですが。。。)

しかし、夜は越したものの、会社にいる時に亡くなったとの知らせがあり、
先ほど引き取り自宅に帰ってきました。

お腹に卵があるようでした。
卵が出ずに足の神経を圧迫し、最後は便も出なかったようです。
ふ~さんが言われたように、もっとチェックしてあげるべきでした。。。

さくらとまさかこういう別れ方になるとは、とても後悔しきりです。。。
もっと早くに病院に連れて行ってやってれば、、、と思うと
自責の念にかられます。
そして、昨日は病院に行かずに家でみてあげればよかったのか?と。

しかし、今日までさくらが生きてこれたのは、
ふ~さんがきちんとお世話しくださった1年もあり、
ご報告までにメールをした次第です

コメントをくださった皆様、ありがとうございました。
そして返事もないまま1年以上経ってしまい、本当にすみません。

本当に、長らく一緒にいるとずーっと一緒にいられるように感じてしまうんですよね・・・。
旅だった文鳥さんたちがきっと幸せであったように、今元気にしている皆さんの文鳥さんたちが、みんな幸せであるように、改めて祈りたいと思います。


それから高橋さん、連絡ありがとうございました。
そうですか、さくちゃん、旅立って行ったのですね・・・。
私も涙してしまいました。
メスの場合、どうしても突然のお別れが来ることがあって・・・辛いですね。
私も何羽もの文鳥さんを見送りましたが、どの子の時も「ああしてあげたら…」と後悔を感じてしまうんです。でも文鳥さんにとっては、きっとそんなことないんですよ・・・。

人懐こい さくちゃん と一緒に過ごした日は本当に楽しかったです。ありがとうございました。そして、さくちゃん、ありがとうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7967/49717094

この記事へのトラックバック一覧です: シズ、旅立つ:

« 不精者の換羽 | トップページ | ご無沙汰です! »