« 元気! | トップページ | 不精者の換羽 »

2010年9月30日 (木)

危機を乗り越えたシズ

文鳥たちの調子が悪いときでも、仕事には行かなければなりません。文鳥たちがお空に旅だったとき、一度もその場にいてあげられたことがありません。

今朝(29日)、シズの具合があまりよくなくて、「今度こそダメかもしれない」と思いながら仕事に行きました。ここ数日は忙しいので帰宅は20:00頃です。

玄関を開けると……シズが鳴いて呼んでいる!

今回もシズは危険な時をやり過ごしたようです。ああ…よかった……!!!

20100929_shizu1

すっく と立って、元気に探検中のシズ
ケンカも売りにいきますよ

昨日の28日、また調子が悪くなったシズ。帰宅して名前を呼んでも寝てばかりで顔を上げることすらしなくて、エサを食べている時以外はずっと眠っていました。動きも緩慢。クチバシもかなり白くなっていました。

20100928_shizu1

手のひらに乗りたがるシズ。最も具合が悪そうだったとき。
クチバシは白く、アイリングも色が薄いです
なお、ぺったり寝てるのはいつものことで、しんどいからではありません

夜には、今まで見たことのない、黒っぽい糞をしました。そして今朝の一番の糞もやはり黒っぽいものでした。
ティッシュでとって、つぶして確認する。(赤くない)生レバーをさらに黒っぽくしたような感じです。
………もしかして、内蔵のどこかから出血をしているのではないか。だから黒いのではないか。そんなことを考えました。そうだとしたら、このまま弱って死んでしまうかもしれない。だから覚悟をして仕事に出かけたのです。
しかし、シズは元気を取り戻していました!

いつもより青菜をたくさん食べられるように、大き目の葉っぱを用意し、葉の茎が水に浸かるようにしておきました。そうしたら、結構な量の青菜を食べた様子です。それが良かったのでしょうか。シズは朝から8個ちょっとの糞をしていましたが、黒っぽい糞は最初の方の4つだけで、それ以降の糞は(乾き具合で判断)いつもの黄土色や緑色の糞に戻っていました。

なんか、良くなったみたいです!

20100928_dhizu2

ケージの奥の隅っこ。シズのお気に入りの場所です。

白いキッチンペーパーを敷いて毎日取り替えます。1日分の糞の状態が見やすいです。

« 元気! | トップページ | 不精者の換羽 »

文鳥」カテゴリの記事

コメント

さくらのママです。
ずいぶんご無沙汰しており申し訳ありません。
ふーさんのブログはずっと拝見していました。。。
娘も常にチェックしていました。。。

天国に旅発った子たちの日記を見たときもすぐにメールをしたかったのです
が、何て言っていいのかわらず、連絡せずじまいでした。
今回、シズのけなげな姿に心打たれメールをさせてもらいました。
シズがんばって欲しい。

老鳥の飼い方っていうんですか、気遣いや観察がとても参考になります。。
うちのさくら、今は元気ですが、次の春が来ると7歳です。病気知らずの彼女ですがいつか老いがくるのは目に見えてます。
保温の方法や皿型の壷や、あ~そういう風にしてあげれば、楽になるんだなぁととても役に立つと思います。

大阪にはほとんど帰阪していないのですが、
また、いつかふーさんちにお邪魔させて文鳥さんたちを見たいです。

ご主人はまだ横浜ですか?
この前帰ってらしたのはお休みを利用してということだったのでしょうか?
うちのパパは来年の夏には本帰国の予定です。

さくらは今のところ元気ですが、
今度健康診断でも行こうかと思ってます。
異常に足をかきむしった日があり、
それもしばらくするとやめて普段どおりに戻ったんですが、
あれは何だったのか。。。ダニでもいたのか?
とても心配でした。

まだまだ話をしたいことがあるのですが、またコメントさせていただきます。。。

>さくらのママさん

こんにちは!こちらこそご無沙汰したままで申し訳ないです。どうにもこうにも仕事が忙しくて。まだまだガツガツ勉強中です(^_^;

頑張っていたシズですが、ついにお空に旅立っていきました。心配してくださってありがとうございました。
さくちゃん、変わらず元気なんですね。嬉しいです(^^)
シズも賢い子でしたが、さくらもシズとは一味違う賢い文鳥でした。家の中でぐるぐる追いかけっこ(というか、私が追いかけられていた)ことを思い出しました!今思えば、あれは至福だったなあ。今はどの子も追いかけてきてくれないんですもの~。
そうそう、さくちゃんも時々ひっつかまえて、羽の下の内臓や首なんかを調べてあげてくださいね。…文鳥さんには確実に嫌われますけど(^^;
うちの子たちも肝臓が腫れてたり、腫瘍が見つかったり(薬で治るものもあるそうです)、脂肪がつきすぎていたのがみつかりました。シズの腫瘍は治らなかったけど、それ以外は投薬で治りました。

足はうちのハルが一時期やたらと噛んでいました。やはりダニか!?と思って夜にケージ内を見てみたりしたのですが、そうではなかったようです。足を挟んだとか、傷のない怪我でもしてたのかなあ。今も謎です。

ダンナの単身赴任はずるずる延びて、3ヶ月の予定だったのが2年を超えてしまいました。年明けくらいには戻ってくる予定です。文鳥たちもダンナが大好きなので、今度こそ本当に戻ってきますように。さくらのママさんたちも、来年の夏が待ち遠しいですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7967/49601046

この記事へのトラックバック一覧です: 危機を乗り越えたシズ:

« 元気! | トップページ | 不精者の換羽 »