« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の8件の記事

2010年9月30日 (木)

不精者の換羽

ヒメはたいそう不精者です。

そんなヒメ、10日ほど前から激しい換羽の真っ最中!

20100924_hime

胸にぽっかり穴が!!!

………羽繕い、しましょうね(^_^;

 

危機を乗り越えたシズ

文鳥たちの調子が悪いときでも、仕事には行かなければなりません。文鳥たちがお空に旅だったとき、一度もその場にいてあげられたことがありません。

今朝(29日)、シズの具合があまりよくなくて、「今度こそダメかもしれない」と思いながら仕事に行きました。ここ数日は忙しいので帰宅は20:00頃です。

玄関を開けると……シズが鳴いて呼んでいる!

今回もシズは危険な時をやり過ごしたようです。ああ…よかった……!!!

20100929_shizu1

すっく と立って、元気に探検中のシズ
ケンカも売りにいきますよ

昨日の28日、また調子が悪くなったシズ。帰宅して名前を呼んでも寝てばかりで顔を上げることすらしなくて、エサを食べている時以外はずっと眠っていました。動きも緩慢。クチバシもかなり白くなっていました。

20100928_shizu1

手のひらに乗りたがるシズ。最も具合が悪そうだったとき。
クチバシは白く、アイリングも色が薄いです
なお、ぺったり寝てるのはいつものことで、しんどいからではありません

夜には、今まで見たことのない、黒っぽい糞をしました。そして今朝の一番の糞もやはり黒っぽいものでした。
ティッシュでとって、つぶして確認する。(赤くない)生レバーをさらに黒っぽくしたような感じです。
………もしかして、内蔵のどこかから出血をしているのではないか。だから黒いのではないか。そんなことを考えました。そうだとしたら、このまま弱って死んでしまうかもしれない。だから覚悟をして仕事に出かけたのです。
しかし、シズは元気を取り戻していました!

いつもより青菜をたくさん食べられるように、大き目の葉っぱを用意し、葉の茎が水に浸かるようにしておきました。そうしたら、結構な量の青菜を食べた様子です。それが良かったのでしょうか。シズは朝から8個ちょっとの糞をしていましたが、黒っぽい糞は最初の方の4つだけで、それ以降の糞は(乾き具合で判断)いつもの黄土色や緑色の糞に戻っていました。

なんか、良くなったみたいです!

20100928_dhizu2

ケージの奥の隅っこ。シズのお気に入りの場所です。

白いキッチンペーパーを敷いて毎日取り替えます。1日分の糞の状態が見やすいです。

2010年9月28日 (火)

元気!

シズ、元気になりました!

私が仕事に行く前はまだ眠そうに寝ていたのですが、帰宅したら大きな声で鳴いて呼んでくれました。そしてケージの前面に走り寄ってきた様子。目も大きく開いています。何より、昨日はしんどそうだった表情が穏やかになっています。

20100927_shizu1 気持ちよさそうに”ぬくぬく”してるシズ。クチバシの色もずいぶん良くなりました。表情が穏やかになっているのがわかるでしょうか?

4~5日前と比べると明らかに弱っていますが、今日は元気に、そして楽しそうに床をぴょんぴょん跳んで移動し、ひっきりなしにエサをガツガツ食べています。

祝! ”ガツガツ食べ” 復活!

20100927_shizu2 ケージの外に出て青菜(チンゲンサイと小松菜)をむさぼり食うシズ。この写真ではあまりガツガツしているように見えませんが、青菜を突き回しておりました~(^_^;

ところで、翼が下がっているのは、尾脂腺の両側に大きな腫瘍があるからです。最初は小豆より小さかった腫瘍が、今では直径1cmくらいの大きさになっています。シズは体の小さな子なので、かなり重く感じるみたい。歩きにくそうにしています。

20100927_shizu3 おしり方向から写す。文鳥って菜っ葉の葉脈が好きですよね。この青菜も、葉っぱの真ん中にたくさん穴を開けられました。

シズは今日も甘えたさんでした。手のひらに乗って眠りたいみたいです。安心するのかな?

ただシズの場合、自分が甘えたいというよりは、わかってて甘えてくれているという感じです。
文鳥を擬人化するつもりは全くないのですが、シズは他のどの子ともちょっと違う雰囲気を持ってるんですよね。

2010年9月27日 (月)

急に寒くなったので

あの蒸し暑さは一体なんだったのか?というくらい、急に涼しく…を通り越して、朝晩は寒くなりましたねえ。
そこで慌てて、最高齢のシズにはレフライトをつけました。
もっと寒くなったらケージ内にヒーターを入れます。

20100925_shizu1 回りは適当に透明ゴミ袋で覆ってます。うちは昼間暑いので、今はこれで十分なのです。

急激な温度変化が堪えたのか、昨日から元気のないシズ。今日(もう昨日か)はしんどそうで、ほとんど寝てばかりでした。
クチバシの色も白っぽくなり…。
とてもとても心配なのですが、エサだけは、ボレー粉も青菜もちゃんと食べているので見守っています。
食べ方はガツガツ!からパクパクになってしまってますが、どんな時でもしっかり食べてきたからシズは長生きなんですよね。(いつもつくづくそう感じる)

20100925_shizu2_2これは25日のシズ。数日前から、ボレー粉をむさぼり食うようになりました。
体調の変化を食生活によって自分でコントロールする賢いシズ!(いつもつくづくそう感じる その2)
本能なのかもしれませんが、今まで体調によってこんなに食に顕著な違いをあらわす子は飼ったことがないんですよ~。

20100926_shizu 今日、とても弱々しくなってしまったシズは、時々ケージの入り口にやってきて、外に出して欲しいと静かにアピールをしてきました。手に乗せると安心して眠ります。…いつもはじっと手の中で寝てるなんてことないんですけどね…。とても甘えてる感じがしました。

20100926_shizu3 夜になってちょっと元気になったシズ!
ずっと半目だった目も、だいぶ大きく開けるようになりました。そして頻繁にエサを食べる。
まだ元通り元気というわけではないけれど、早く元気になってほしいです。
実は7月くらいから今までに5回くらい「もうアカンかもしれん…」と思ったことがあるのです。だけどその都度シズは復活してきました。頑張れシズ~!目指せ11歳!

おまけ。
お昼頃、貧血気味なのか酸素不足なのか、クチバシの先が白っぽくなっていたシズ。見てあまり楽しい写真ではありませんが、文鳥の健康状態を知りたい方のために小さく置いておきますね。
20100926_shizu4
クチバシは白いですが、アイリングと脚の色がそう悪くなっていないので大丈夫!と、私は判断していました。

2010年9月17日 (金)

ピチピチの新人

6月末に我が家にやってきた白文鳥のヒメは現在、推定8ヶ月~10ヶ月。(たぶん8ヶ月くらいと思う) 久しぶりに見る、ピチピチの若鳥です。

ヒメの動きやしぐさが、子どもっぽくてカワイイ~~~!happy02

なんといっても、我が家の他の文鳥たちは7歳9ヶ月~10歳半の年寄り軍団です。動きやしぐさ、表情がすっごく可愛くても、若鳥とは全然違うんですね。久しぶりだったので、ものすごく新鮮でした。
若鳥のあの”好奇心のかたまり”のような目の輝きとか、冒険心あふれる行動とか(笑)

20100824_hime1
えさ箱籠もり!
ちょっとハマってみたかったらしいです

ゴンの再来か!?と思ったんですが、籠もってたのは1日だけでした。ちょっとチャレンジしてみたかっただけのようです。

20100807_hime2
ケージとケージの隙間に…器用やねぇ
上からつつつっと降りてきました

左のケージにはハル&フユ、右のケージにはナツが入っています。
ヒメはただただ、彼らと一緒に遊びたいだけなんです。ケンカを売ったりはしません。ひたすらガンガン寄っていくだけなのです。
でもジジババ文鳥たちは、ヒメが寄ってきても怒ったり逃げたり。
同じくらいの若鳥がいないとヒメが淋しいかもしれないなあ。

20100807_hime3
今度は上っていこうするヒメ
ちょっと困惑顔?

 

2010年9月13日 (月)

大喜びのシズ

シズはうちのダンナが大好きです。
ダンナは単身赴任中なので、忙しいときは1ヶ月くらい帰ってこないのですが、忘れることはありません。

帰ってくると、声を聞かないでも気配でわかるみたいです。ものすごく大きな声で鳴きまくります。
そしてダンナの手の中だと、いつまでも遊んだり眠ったりしています。
こんな感じ。

20100911_shizu_2
ものすごーく幸せそうな顔で寝ています

私の手の中だと、ずーっとはいてくれません。

20100912_shizu2
全体像。
こんな感じで約1時間

20100912_shizu1
たまに起き上がったり。
ちょっと首、伸びてます

ダンナが帰ってきて嬉しすぎると、シズはものすごくアクティブになります。
興奮してしまうのかな??
数ヶ月ぶりに、自分からバードバスに入りました。
”入った”というより、”飛び込んだ”というのが正しいくらいの勢いでした(^^;
そして、びしょびしょになるまで水浴びをしまくってました。

20100911_shizu2
バードバスに突っ込んでいったのでビックリした~
水浴び後、いつものようにシズはティッシュで拭かれました

 

2010年9月 9日 (木)

もっとも健康なナツ

我が家でもっともクチバシの色が赤くて健康に見えるのがナツです。
換羽もナツが一番早く終わりました。羽もぴがぴがです。

Natsu_1
この写真ではオスっぽく見えますが、ナツは女の子です

両目とも白内障が進んでいます。8月のお盆にガクンと悪くなりました。今回ので悪くなるのは3段階目くらいかな?それでもナツは無駄に元気いっぱいです。

目が見えにくくなって、ナツがとった行動とは…。
止まり木の移動が難しい。なら、横に移動しよう!と考えたらしいです。
思いっきり横に飛んだらケージの壁に当たります。そこに蝉のように止まる。

ガーン!とよこに飛ぶ
 ↓
ケージの壁に当たるのでつかまる

を繰り返すのです!!
「どうせ見えへんのやったら、いってまえ~!」
まさしくこんな感じでした。
ナツってこんなに乱暴な子だったのね………(^^;

もういっちょナツ。
文鳥の首。かわいい。
マニアック~。

Natsu_2

2010年9月 2日 (木)

シズ、換羽終わりました

この春から2回目の換羽をしていたシズですが、、1週間ほど前にそれも終わり、ふわふわの綺麗な羽に戻りました。
今年のはそんなに激しい換羽ではなかったのですが、ご老体なので、ものすごくこたえたようでした。

今はアイリングもうっすら赤い色に復活し、たまにしんどそうな表情をしていた顔も、すっかり穏やかな表情に戻りました。ほんまに嬉しい(^^)

20100902_shizu2_4
わかりにくいですが、羽も綺麗になりました

20100902_shizu1
真っ正面顔~
相変わらず”ガツガツ”という擬音がピッタリの食べ方をします
そしていつも口元が汚い…(^^;

20100828_shizu
羽が巻き巻きになってきたシズ。老いの証拠です
一番外側の白い羽がくるっと巻いてこんなところに

今回の換羽が始まった頃から、シズの羽が少しずつ巻き巻き状態になってきました。
背中に白い曲がった羽が見えますが、これ、右翼の一番外側の風切羽なんです。くるっと丸まって、背中側にきています。

シズも最初は気になったらしく、この羽を延ばそうとしていました。1日だけ真っ直ぐになったのですが、次の日からはまたこの状態に。とうとうシズも諦めてしまいました。今は気にならない様子です。
シズはとても賢い子なので、延ばそうとしても無理と理解して、ほっておくことにしたんですよ~。「そんなん人間の勝手な思い込みやん~」と思えるかもしれませんが、今までのシズの行動を見ていると、理解した上で対処しているということがよくわかるのだ。

シズは老いてなお、日々進化(?)しています!

文鳥のこういうところ、面白いですね~。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »