« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の5件の記事

2010年2月28日 (日)

白内障ペアのケージ

今日はお休みなので、2つ目の記事です。

白内障ペア、ゴンとシズの現在のケージ。 上から見たところ

白内障の進行と共に、上段の止まり木の高さを徐々に低くしていっています。
今はこれでなんとか生活をしていますが、いつ止まり木を撤去したものか、それが悩みどころです。

目が見えにくいのでケージの外に出たがらない2羽ですが、ゴンもシズも羽・脚ともにほとんど弱っておらず、できればぎりぎりまで止まり木を外したくないんですよね…。


横から見たところ

・上段左には皿巣
・皿巣の横にサブのエサ入れ
・右に20Wのヒーター
・下段左にエサ入れとボレー粉入れ
・右にウォーターサーバー
・ヒーターの下に湿らせたティッシュ
・右の入り口には水浴び器を付けたり、洗濯ばさみで青菜を留めたりします


<保温について>
・ケージはホットカーペットの上に置いています。ホットカーペットは3部分切り替えができるものを買いました。つけっぱなしにすると自動で切れてしまうので、コンセント部分にタイマーをつけています。
・ケージはプチプチで覆っています。(写真は前面を上げた状態)
・ヒーターは20Wと低出力ですが、部屋が南西向きなこともあって真冬でも17~20℃くらいあるのでこれで事足ります。
・夜は3つのケージに3~4枚のフリースの膝掛けを掛けます。

<保湿について>きれいにヒダが作れた!
電気保温なのでどうしても乾燥します。ケージ内に水に浸したティッシュペーパーを置いています。ヒダを多く作って水分が蒸発しやすいようにするのがコツ。
ヒーターの下くらいがいちばん蒸発しやすかった。日に1~2回、水を足します。1日置くと、エサの殻などで汚れてしまいますが、2~3日は気にしない~(^^;


<薬>薬入りの水
・ウォーターサーバーの中に白内障の薬を入れています。
・写真はシズ用。白内障と腫瘍の薬が入っています。少量なため腐りやすいみたいなので、今は指につけてチィ~ってさせています。ほのかに甘いので(舐めてみた)、喜んで飲んでくれます。写真の横のプラスチックは計量用。


白内障初期の頃、シズはよく上段から下段の止まり木の移動に失敗していましたが、あるときを境にほとんど失敗しなくなりました。たぶん目で見て移動することを止めたんだと思います。感覚や経験で移動することにしたようです。そのせいか、暗くなってもちゃんと移動できるんですよ。

この あるとき” ですが、シズは丸1日ほど、ものすごく思案していました。
考えてこんでいるのが目に見えてわかるのがシズの面白いところで、昔からよく考え事をしてましたねえ。うちではシズのことを悟り文鳥と呼んでいます(笑)

それとは対照的に、ゴンはなんにも考えていません。まあ、そこがゴンの可愛いところなんですけど。
シズを病院に連れて行ったとき、ゴンはただの付き添いでした(一緒にケージに入っていただけ)。先生に「この子も白内障やな」と言われて初めて気付いたという(汗) ただしゴンの場合は右目 左目はとてもよく見えていたのです。そのせいで行動にはそう変化が出ていなくて気付かなかったのでした。

そろそろ暖かくなってきました。
老鳥にとっては厳しい季節ももうすぐ終わりですね。

りんごを食べる

家にいるとつい何か食べてしまうので、小腹が空いたらリンゴを1個食べることにしています。
ヘルシー!
1個は多いですか?そうですか。でも空腹は我慢できないのでcatface

りんごを剥くときは、忘れていなければ文鳥たちにもあげることにしています。

忘れている時=バクバク食べてしまって「あっ、ない!」となる時
結構頻繁にある(^^;ゴネンネ
昨日は忘れませんでした。

Orin1
りんごをガッツく ナツ と アキ

まず最初にシズ&ゴンにやってみる。
シズはここ数日でますます目が見えにくくなっているようなのですが、リンゴを持って近づくと、上段の止まり木から大急ぎで降りてきて、食い気全開モード。こんな小さなリンゴの破片、しかも白っぽくて見えにくいであろうに、さすが食欲魔神のシズ!
なんでかな?匂いでわかるのかな?

ところが、しばらくガッツくと
「もう、いら~ん」
とそっぽを向いてしまいました。
一方ゴンはの方は、普段からあまりこういうものを食べないので、突いてみてポイでした。

ハル & フユ にもやってみる。
シズよりも早々、「いらんわっ」になってしまった。

ナツ & アキ が一番よく食べた。特にアキがよく食べた。
それでもしばらくすると「…いら~ん」に。

王林って文鳥的にはイマイチなんかな?Orin2
→王林

確かに普通のリンゴと比べるとちょっとクセがあります。香水っぽい。

2010年2月18日 (木)

今年の卵事情

ここ1週間、文鳥たちがまたシャカリキになっています。

オスは必死で巣材を集める。
メスは…卵を生みそう!!

もう7歳超えてるんやからヤメテ~~bearing

2週間くらい前に、ナツが1個卵を生みました。

カーテンのひだにこもったまま生んだらしい。カーテンの下に落ちて割れてました。これがホントの産み落とし?(^^;

これは 2/14 にフユが生んだ卵。ふと見たらホットカーペットの上にありました。5分前にはなかったので、生んだところだったみたい。

Fuyu_tamago1
変な色をした軟卵
詰まらなくてよかった…


Fuyu_tamago2
3日後の卵
軟卵は、くしゃくしゃになってしまいます

2/16の朝、「オハヨ~オハヨー~」と声をかけながらケージの覆いをとると、メス2羽ともがぶ~っと膨らんでしんどそうに動かない。卵を生む前です。
ナツは生んでから1週間以上経っているからあまり心配ないだろうけど、フユは2日前に軟卵を生んだばかりです。体力は回復してるだろうか?
卵詰まりが心配だけど、部屋が暖かくなるようにして仕事にでかけました。

16時前に急いで帰宅すると、フユは卵を生んだ直後だったようです。卵がケージの底で割れていました。軟卵ではありません。ヨカッタ~。でも卵の殻はすごく薄かった。

ナツはまだ生んでませんでした! ヒィ……ヒィ……と小さく鳴きながら、卵を生もうと頑張っているところでした。上の止まり木にとまっていたので下からお尻を覗き込むと…

お尻から卵がのぞいてる!!

白い卵が直径6mmくらい見えています。うひ~~。
その後、3分ほどでナツは無事卵を生みました。ボットン!って(^^;見ちゃったヨ

産卵後、2羽ともにとてもしんどそうにしていました。アイリングも真っ白です。
ライトを当てて暖かくしたりしながら、ナツは1時間ほどで、フユは3時間ほどで元気になりました。もう生まないでね…。

Natsu_1_2
卵を生んだ直後のナツ
水を飲みに来ました
ぼ~っとしてます


Natsu_2
水を飲んだあと、そのまま…
1時間後には元気になりました
文鳥もしんどいときはしんどそうな表情になりますね

2010年2月 7日 (日)

シズの病気

我が家の文鳥たちも老齢化が進み、どうしても”病気”と”死”に関わらないままではいられなくなっています。そんなことについても、ちょこちょこ書いてみようかなと思います。
「文鳥の健康」カテゴリーも追加しました。
(知らん間に複数タグが付けられるようになったのね!)

シズ、サクラ文鳥、♀、現在9歳11ヶ月。
白内障と腫瘍で治療中。

Shizu_kusturogi
変な格好ですが、大好きなダンナの手のひらで
リラックス&シアワセ真っ最中
青菜を食べたばかりでクチバシが汚い
(^^;
白内障のため、
両目とも瞳の中央部分が白く濁っています

シズの白内障は2008年12月に悪化しはじめました。
その年の10月頃から、放鳥時のお気に入り場所である食器棚の上に飛でいったときに着地に失敗して落ちてしまうということを繰り返すようになり、「年で羽が弱ってきたんやな~」と思っていたのですが、あれは片目が見えにくくなって、目測を誤って着地に失敗してたんでしょう。
その年の12月末に、突然頭を振り回し、つばを飛ばし、それから目を止まり木にこすりつけたりしたあとに、両目を閉じて動かなくなるということが起こりました。飼い主、大ビックリ!
保温し、砂糖水を飲ませたりしながら数時間。目が覚めるように動き始めたシズは、ぼちぼちとエサを食べ始め…しだいにバリバリといつもの大食漢ぶりをみせて飼い主を安心させてくれたのでした。でも本当にビックリして心配したんです!!!
その後3回、このような症状を繰り返しながら現在に至っています。さすがにツバをまき散らすようなことはありませんが、目を止まり木にこすりつけ、両目を閉じて数時間動かない。そして、その症状を繰り返すたびに、明らかに目の見えにくさが進んでいるのです。

シズに腫瘍が見つかったのは2009年11月30日。水浴びをしたあとに、脚の付け根の後ろの羽がクルクル巻き毛のようになっているのに気付いたので、つかまえて見てみたら…尻尾の付け根の両側に、灰緑色の豆粒ほどのでき物があったのです。驚いて次の日に病院に連れて行き、抗がん剤をもらいました。腫瘍、すなわちガンだったのです。
数日前から、立っているときにシズの「脚の付け根が見えてるなあ。羽が薄くなったからかな?」と思っていたのですが、腫瘍が大きくなったため、それが邪魔で脚が前方に出てしまうからなのでした。

Shizu_mame_2
2月6日のシズ
脚の付け根の地肌が見えています
尻尾の付け根(背中側)にアズキ大の腫瘍があるため
脚が前方に押されてしまうからです
しんどそうにも見えますが、ぬくぬく立って寝てるだけなのだ

腫瘍を発見する1週間くらい前の写真を調べてみたら、脚はごく普通でした。腫瘍は短期間で大きくなったのではないかと思われます。
ちょうど私が暇になったところで、水浴び姿をゆっくり見ていたので気付いたのですが、じっくり見ていなかったら…今でも気付かなかったでしょう。早く気付いてあげられた方だったのでしょうか。

鳥はたくさんの羽の下に小さな体があります。ひっつかまえてあちこち羽をめくり上げて地肌を見ることはあまりないと思います。でもたまには、やらなアカンのかなあ。めっちゃめちゃイヤがりますよね。嫌われることを覚悟でね(^^;
数年前、これをやって偶然にシズのお腹の脂肪を見つけたことがあります。病院に行ったら肝臓の腫れも発覚しました。病院でお薬をもらい、治りました。気付かなかったら早く死んでたかもしれません。

今日はシズの調子が悪く、クチバシの色が白くなってしまったのでかなり心配しました。数時間後にはなんとかエサをガツガツ食べるところまで回復しましたが、今回は目が原因なのかどうかわかりません。白内障だけだと顔色(=クチバシやアイリングの色)が悪くなったりはしないんです。今も寝てばかりなので、しばらく気をつけて様子を見守ります。

Shizu_1
とってもしんどそう
ようやくエサを食べてくれるかな?

大サービスしてエサ山盛り!

Shizu_2

Shizu_3
ついばんだ!
ガジガジするだけでポイってすることもあります
食べてるかどうか、しっかり確認


Shizu_4
食べてます~happy01
このあとガツガツと
よかった~~~

ものおじしない

仕事に没頭していると、あっという間に日が過ぎてしまいます(>_<)

日々文鳥たちを見ていると、つい老鳥2羽に目がいってしまいます。だけど子供たち4羽ももう7歳を超えています。すっごく元気なんだけど、本当はもっとこの子たちのこともしっかり見てやらないといけないんですよね。

というわけで、今日はナツ(♀)とアキ(♂)を。
放鳥されて、気が済むまでカーテンのひだにこもっていた2羽が、ケージに戻ってエサとカイガラをばりばり食べ、水浴びをし、満足してネムネム・タイムに入ろうとしているところです。

ナツとアキ

そ~っと、ケージの上からカメラを向けると…

ナツとアキ

じーっとカメラの方を向くナツ。
かわいい~!!

ナツとアキ

ちょっと前方から。
ナツは可愛く写るときと、
ごっつーブサイクに写るときがある。

ナツとアキ

真正面から見ると
アキは三角おにぎり~
riceball

最初、ハル&フユにカメラを向けたのですが、嫌がってさっさと動いてしまいました。
ナツ&アキはカメラを向けても全く平気。いつもというわけではないんですけどね。

アキとハルは最近少し足腰(羽?)が弱ってきたように思います。よくカーテンのひだからズルズル落ちてます。オスは体が大きいので、自分の体重を脚で支えられなくなってきてるのかな。
ズルズル落ちても自力でなんとかするんだけど、放鳥しているときは気をつけないと。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »