« カエルの門番、その後 | トップページ | 文鳥大移動 »

2007年8月14日 (火)

キュウリで懐柔

動画が撮れてたのでアップ。
うちに来て数日後のさくらの様子です。
キュウリ食べてます。

先に私になついたさくらは、ダンナに対しては噛み噛み攻撃を敢行していました。
「食べ物でつる」という最も効果的な策でさくらを懐柔中のダンナです。

この2日後には、ダンナにもなついてベッタリ状態になるんですよ~。
キュウリ?やっぱりキュウリなの!?

« カエルの門番、その後 | トップページ | 文鳥大移動 »

「ペット」カテゴリの記事

文鳥」カテゴリの記事

コメント

初コメントです、よろしくね

実は私の家にも「さくら」と呼んでいる1羽飼いの桜文鳥がいるので
親近感を持って、ふーさんのブログを拝見させていただいてます。
(年も3歳)
きゅうりを食べながら、旦那さまの手を突付く行動、
なんか行動パターンとしてわかりますよ~
「私のなんだから取らないでよね!」って感じに見えますね。

ふーさん、これからもブログ頑張ってくださいね、応援しています。

ぷぷぷ,食べながら手を突付いてるのね。
アタシはきゅうりはすきだけど おとうさんは好きじゃないんだから!
と主張してますね。あーかわいい♪
で,ちゃんと旦那さまにもなついたのね,良かった。
やっぱり決め手はキュウリだったのね(^^)

>まいさん
はじめまして!コメントありがとうございます。
同じ さくら を飼われてるんですね。まいさんちのさくらはどんな子でしょう。
キュウリは食べたいけれども、キュウリを持っている人間は信頼していないのがアリアリで見ていて笑ってしまいました。

>いずみんさん
さくらはなかなか賢い子で、人見知りはしないんだけど、身内かどうかをしっかり区別しているみたいなんです。次の日からはうってかわって噛まなくなったのですが、彼女の”身内”の基準はいったい何なのか。謎です。なんにせよキュウリの効果は絶大だったようです(笑)

はじめまして
最近桜文鳥を亡くしました
雛のまま旅立ったのがかわいそうで自分を許せなくて・・
白文鳥の白ちゃんは元気です

負けずに私も頑張ります

>しまりすさん
こんにちは。コメントありがとうございました。
私にも雛のまま死なせてしまった子がいて、思い出すと今でも辛いです。お気持ち、よくわかります…。
辛い気持を救ってくれたのは、他の元気な文鳥の姿でした。しまりすさんのところにも白ちゃんがいるのですね。まだしばらくはお辛いと思いますが、頑張ってくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7967/16108292

この記事へのトラックバック一覧です: キュウリで懐柔:

« カエルの門番、その後 | トップページ | 文鳥大移動 »