« 事件です・2:アキの場合 | トップページ | 何でも持ってく困ったヤツら »

2005年12月22日 (木)

事件です?・3:野鳥の場合

先週の土曜日、車で外に出ていたダンナから電話が入りました。
「鶴がおる!畑に鶴がおる!」

そんなアホな~。ツルなんてこんなとこに飛んでけーへんて。見間違いちゃうん?
急いで帰宅したダンナと共に、双眼鏡とデジカメと野鳥図鑑を持ってその場所へ行ってみた。しかし既にその鳥の姿はなく。「ああ!これではオレが嘘つきになる~!」とダンナ。

全然知らなかったのですが、11月のはじめに岸和田市の久米田池にナベヅルが来たということで結構なニュースになっていたのですね。

月曜日のお昼に、昼ごはんがてら例の畑に行ってみる。
そうしたら、いた!
わあ、ホンマや、あれはツルや!

ナベヅル:国の特別天然記念物にして絶滅危惧2類。

そ、そうなんや…。
大阪で見られるのは本当に珍しいことのようなので、近所で見られてすごくラッキーなんでしょうね!ここにはいつまでいるのかな。

水曜のお昼にも見に行って来ました。
いました!田んぼの中でエサを食べていました。

1羽だけ首と頭がベージュ色。この子だけまだ子供なんですね。親子かな?
私のデジカメ(IXY55)の最大画素で撮って、トリミングして画質の調整をして、これが限界。
首を伸ばすとまさしく鶴。かわいい~(*^^*)

12/21

« 事件です・2:アキの場合 | トップページ | 何でも持ってく困ったヤツら »

「野鳥・鳥」カテゴリの記事

コメント

あ~ほんとう!鶴だぁ\(◎o◎)/!
鶴と言えば北海道と思うけど、近くで見られるなんてラッキーですね。
何羽くらい来てるのかな?
うちの近所の川にはたまに1羽だけ鶴の小さいのみたいな鳥
(サギって言うのかな~)が来てます。

卵残念でしたね(;;)
なんで割れちゃったのーどーしてーって
当鳥たちはもう忘れちゃってるかしら?

アキちゃんも災難でしたね;
うちのシータもそんな状態になったことあって
ビックリして病院に連れて行ってレントゲンとったけど、骨は大丈夫だったのよ。
あんまり痛そうにしてると心配になっちゃって(^^ゞ

reiさん>
北海道や鹿児島には来るけど、大阪ではとても珍しいそうです。全部で5羽いるとか。写真のは親子だそうです(^^) 鶴の親子って仲良睦まじいんですね~。

卵、残念です~(T_T) 今も巣箱に篭ってごそごそ楽しそうにしてますが、卵を産む気配はありません。ええ、もう単に楽しそうです!(笑)

シータちゃんもケンカの末だったんですか?鳥って怪我に対してはいつも平気そうなので、痛そうにしてるとビックリしちゃいますよね。
アキはすっかり元気ですが、脚にはまだ小さな血豆の傷跡が残ってます。何をどんだけ噛んだんだハル…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7967/7771790

この記事へのトラックバック一覧です: 事件です?・3:野鳥の場合:

« 事件です・2:アキの場合 | トップページ | 何でも持ってく困ったヤツら »