« 2005年6月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月の12件の記事

2005年10月30日 (日)

ぷくぷく

またもやちょっとピンボケですが、デジタルマクロでアキ。
お子達の3番目、オス。ナツ(♀)と仲良し。
性格は至って温厚。兄弟姉妹の中では、一番ケンカが弱いかもしれないです。

体重はそんなに重くないんですが、見た目がプクプクしています。

体も ぷくぷく
ほっぺの白いところも ぷくぷく
クチバシのカーブも綺麗に丸くて
全体的にまん丸です。

今から寒くなるのでますます まん丸度 に磨きがかかります。


ぷくぷく
ぷくぷくです(アキ)

2005年10月28日 (金)

握り文鳥の訓練中

お子達はいつも4羽連れ立っているため、1羽ごとの人間とのスキンシップが少ないです。
最近は4羽一緒に放鳥するのではなく、1羽だけ放鳥してスキンシップの向上を目論んでみたり。

そういえばお子達4羽を握ったことってほとんどない。オスは握られるのが好きな子が多いはずなのに、ハルもアキも握らせてくれない。これは握られることの気持ちよさを知らないからに違いないわ!

ということで、握り文鳥になるべく訓練中です。
……迷惑かな?

まずはハル。
びっくりして文鳥じゃない鳥のようになってます。
こんな鳥いますよね~、熱帯に。昔、HITACHIのキドカラーっていうTVのCMに出てた鳥。あんなの。

しばらくすると気持ちよさそうにしてました。
でも慣れないので目はビックリお目々のままでした(笑)

首長文鳥(笑)
「な、何すんの!?」(ハル)
文鳥じゃないみたい(笑)
なでなで
なでなで。
「気持ちエエねんけど…」
ピンボケてますが、目は見開いてます。

2005年10月26日 (水)

文鳥で暖をとる

今朝は冷えました。
「寒いな~、寒いな~」とダンナ。

文鳥を握って

「お、ぬくい、ぬくいわ~」

両手で握り文鳥。

最初は喜んでいた文鳥たちも、しまいに暴れだしました。
文鳥で暖をとるって、どーなのよ?(笑)

ぬくぬく
「ぬくいわ~」(飼い主)
(左:ゴン,右:グリ)
がぶ!
「もういらん。離せ~!」(ゴン)

のほほん としてる

シズとゴンの子供たち。子供といっても、みんなもうすぐ3歳になります。

この子らはいつも4羽一緒に遊んでいるので、なかなか面白い写真が撮れません。人間にもかまって欲しいんやけど…。ちょっとケージの中にカメラを突っ込んで撮ってみました。

「何してんねん?」

ってな顔で写ってます。
なんかこう、もうちょっと、リアクションを……!!(笑)

自家製の4羽ですが、他の文鳥たちとは確実に違うところがあります。それは人間に対する信頼感、というのでしょうか。
爪切りなどで握ったり捕まえたり無理なことをしても、暴れたり逃げたり怯えたりしないんです。もちろん握ってるときは嫌がって暴れますが、それが終わると平気な顔をしています。逃げて行ったりもしません。不思議だなあと思います。

文鳥飼いさんなら感じたことがあると思うんだけど、文鳥は表情が豊かなので顔を見ていると「安心してるんやな~」という雰囲気がよくわかります。他の4羽も飼い主を信頼してくれていますが、その度合いが違うみたいなのです。生まれて目が開いたときからずっと接しているからなのかな。

こどもたち
「何やのん~?」
(左:ナツ、アキ、ブランコの上:フユ、頭だけ:ハル)

2005年10月21日 (金)

握り文鳥、暴れる

握られるのが大好きな ゴン。
くちばしの上を撫でても、頭の上を撫でても、耳の上を撫でても、あごを撫でても、背中を撫でても気持ちよさそうにしています。

ずーっと気持ちよさそうにウットリしているのですが、やはり「もう、エエねん!」となる時はくるわけで、写真はその瞬間。
ものすごい格好になってます(笑)

「もうエエねん。離してんか!」

となっているのに、ダンナが指で押さえたままにしていたので怒ってます。

ゴンはちょっと変わっていて、仰向きの状態で握られるのが好きなんですよ。
両足は指に掛けて握りこんでることが多いんですが、バーンと投げだしたままの姿勢でいることもしばしば。ごっつー変です。

握ってるときはもちろん文鳥の匂いもかぎますよ~(^^)
ゴンはエサのにおいです。
水浴び大好き!でかつ、いつもエサ箱に篭ってるので。

露出が悪かったので色調補正をかけたんですが、横着したので妙な写真になりました。

暴れ中のゴン
「こらー、離さんかい~!」(ゴン)

2005年10月20日 (木)

水浴び後。

文鳥たちは水浴びが好きで1日に3回くらい水浴びをします。
ハナも水浴びは大好き。
だけど最近は1日1回くらいしかしなくなりました。あまりすると大変だと自分でわかってるんでしょうね。でも1回の水浴びは相当長いことやってます。

水浴びが済んだあと、羽をバサバサさせても前みたいにきれいに水が飛んでくれないので風邪を引きそう。
日の光の当たる部屋だけど、すぐにレフライトを点けて暖めてやります。写真はレフライトを上から当てたところ。

じんわり暖かいのが気持ちいいらしく、羽が乾くまでハナはそこにじっとしています。
今日は尻尾の羽をピロ~と広げてました。

しばらくして羽が乾いてしまうとレフライトの下は熱いらしく、光の当たらないところに移動します。

羽を乾かし中
尻尾を広げて羽を乾かし中のハナ

2005年10月19日 (水)

カワウのバサバサ

今週の日曜、二色浜公園に走りに行ったのですが、当然のようにその後は野鳥観察をしていたのでした。
思い立って車に乗ってぶらっとここに来ることはけっこうあります。
今回は望遠レンズの付けられるデジカメを持っていっていなかったんだけど、手持ちのデジカメの500万画素をフルに使っえば、ちっこく撮ってもカタチや色くらい写るのでは?と撮影してみました。

綺麗じゃないけど一応映ってる、映ってる~!
ということで、何枚かアップ。

カワウまずはカワウ。

川をスイスイ泳いでいたかと思うとさっと潜ってエサ獲り。なんどか繰り返すと岸に上がってきて羽をバタバタバタ!と乾かし始めます。その姿が笑いを誘うのです。
5分くらいはバタバタしてます。そしてまた川を泳ぎ始め、エサ獲り。これの繰り返し。
一定時間泳いだら羽を乾かさないと沈むんでしょうか?

イソシギイソシギ。

この子はハクセキレイよりもちょっと小さい。ツブラな瞳が可愛いのです。
川の堤防の上で日向ぼっこがてら(?)よく寝ています。

イソシギこれもイソシギ。

起きたところ(笑)
白とグレーのコントラストが綺麗です。

コサギコサギ。

歩いてます。
動き回ってエサを捕まえてました。
チュウサギと違って足の指は黄色。

この日見られた鳥は、コサギ、チュウサギ、アオサギ、カワウ、イソシギ、ハクセキレイ、カワセミ、ツグミ、カワラヒワなどです。
カワセミは川の向こう岸にいたのでさすがに写真撮っても判別不可能でしたが、川に飛び込んでは魚を捕まえて食べてました。双眼鏡は持っていっているので、肉眼ではバッチリ可愛い姿を見ることができました(^^)

2005年10月16日 (日)

近況:シズ

■シズ■
桜文鳥、メス。
5歳7ヶ月。
ケージはゴンと一緒。
ハル、ナツ、アキ、フユのお母さん。

とにかく頭がいい。よく物を見ている。この子はなかなか騙せません(^^;
とても温厚だけど、実はすばしっこくて一撃必殺!のような攻撃が得意。私は密かに「剣士」と呼んでます。
小さな体のくせに大食漢で、海苔や魚、果物に必死でかぶりつく。食べてから頭を振る癖があるので、ミカンなどをやろうものなら果汁が飛び散って大変なことに。

人間を突付く文鳥がいようものなら飛んできて、その文鳥を軽く突付いてやめさせようとするのですが、これはもう何年も続いています。シズ、ありがとうね。

今も変わらず元気いっぱいだけど、放鳥したときに休憩する時間は確実に長くなってます。
最近は放鳥時にハナが休んでいると傍に寄ってきて並んで一緒にいようとします。ハナは怒るんですけどね。一緒に育った2羽なので、シズはハナが弱っているのがとても気なるようなのです。

ねむ~
ねむねむ~
一番好きなうちのダンナの胸の上で

うとうと
うとうと~。

2005年10月13日 (木)

お気に入りの場所にいけないの

出窓のカーテンのヒダは文鳥たちが争って入りたがるお気に入りスペース。
特にシズとゴンのカップルは、ここを巣だと思っているようです。卵を産むことはできませんけどね(笑)

しかし今、そこに大きな障害が!

出窓に物干し竿が立てかけられていて、恐くてカーテンに近づくことができないのです。
放鳥するとシズが私の肩や手に頻繁にとまってじっと顔を見てきます。

「何か変な物があるねん。行かれへんねん。なんでやの?どかしてほしいの。」

シズは何かあると人間に訴えにやってきます。
アーモンド型のツブラな瞳でじーっと見つめられるとどうにかしてやりたくなるのですが、2週間はこのまんまなの。ごめんね。

うちのマンションは只今節目の大修繕の真っ最中で、これから2週間はベランダの工事のためベランダにおいていたものを全て撤去しなければならないのです。物干し竿はあと2週間はこのままです。

2週間のうちに文鳥たちが慣れて恐がらないようになるかもね~。

物体X
こわい物体X =物干し竿

いつものゴン
「いつもやったら、こうやのに~」(ゴン)

2005年10月12日 (水)

近況:ハナ

■ハナ■
白文鳥、メス。
来年の1月で6歳になります。
ケージに1羽飼い。

去年あたりから羽の油分が減ってきて、だんだん上手く飛べなくなってきました。水平には飛べるけど、垂直にあがるのがしんどいみたいです。
今年の夏くらいからケージ内の止まり木の飛び移りも危なっかしくなってきたので、止まり木の位置を低めに変えました。写真では下に金網がありますが、今は取り除いてあります。新聞紙でクッションを作った上にキッチンペーパーを敷いてます。

一緒に育ったシズ(桜文鳥)とは2ヶ月しか変わらないのですが、ハナは雛のときに病気をしたので(トリコモナス症。重症でした)そのぶん体が弱いのでしょう。

気の強さは相変わらず。最近では機嫌が悪いと容赦なく噛み付いてくれます(^^;
若い4羽を敵に回してケンカを吹っかけ、フラフラになっても引かないで向かっていくので人間が割って入ります(^^;

我侭だけど、寂しがり屋さん。
どの子もみんな可愛いけれど、私はハナが特別に可愛いんです。
今年の冬は専用のヒーターを買ってあげるね。

 


2005年10月 9日 (日)

近況:グリ

私の近況を書いたので、このサイトの主人公たち、文鳥の近況も!

■グリ■
シルバー文鳥、オス。
3歳半になりました。
ケージに1羽飼い。
「ぐいにゃん、ぐいにゃん!」と呼ぶと一応自分のことだと分かってるみたいで、飛んできてくれます(^^)

相変わらずおバカな可愛い子です。
好奇心旺盛だけど、とても恐がり。
カーテンボックスの上、クーラーの横が自分の守るべき巣だと思っていて、放鳥するといつもそこに陣取っている。
乱暴者だけどケンカは弱い。
今でもハナが大好きで、年をとって休憩を取りがちなハナの横にじっといることが多い。たまに襲って逃げられてます(^^;


「恐がりやけど、カメラは好きやねんで」

デジカメ買い換えました。IXY DIGITAL55
これはデジタルマクロで撮影。

2005年10月 8日 (土)

近況。

わあ、何ヶ月ぶりのココログだよ!
それでも時々覗きに来てくださってる方がいらっしゃるようでありがとうございます。すみません。
文鳥が大好きでいる限り、細々~長々~とやってますのでよろしければまた覗いてください。

こんにちは。お久しぶりです。
案の定、少々体調を崩しておりました(^^; ひと月前に仕事を辞めました。今はだいぶん元気です。
文鳥たちも元気です。最年長のハナは最近眠ってばかりいます。気は相変わらず強いです。

心機一転、テンプレートを変えてみました。
前の自前テンプレートではスタイルシートを導入していたのですが、本文中でも使っておるのですね~。変更の仕方を忘れました……。写真の表示がちょっとおかしいですが、またそのうち直します(^^;

ちょっくら近況報告などを。
仕事では結局2ヶ月間客先に常駐していたのですが、通勤に往復4時間半は本当に大変で。なにせ片道だけでも電車を5本も乗り継がなければならなかったですから。
普段なら2ヶ月くらいは耐えられるんですが、毎年6、7月は自律神経失調症気味で低血圧が酷く、事務所勤務に戻ってからも体調が回復しなかったのと、数ヵ月後にまたくるであろう常駐先も遠いので勤務不可能だなあということもあって退職しました。正社員じゃなかったですしね。
現在、約10年ぶりに専業主婦してます。太りそうで恐いです。しばらくゆっくりしたら、また職探ししようかなと思ってます。

わー、キーボードを叩きながら文鳥たちのケージをヒョイと覗いたら、文鳥たちが揃ってこちらを見てきました!
「何?何?出してくれるの?」って。
かわいいーー!
文鳥バカは相変わらずです(笑)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年11月 »