« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月の7件の記事

2005年1月22日 (土)

巣?

まるで漫画に出てくる 鳥の巣&鳥 のようじゃないですか~。
巣になってるのは私の頭です(笑)

こんなところでくつろがんでも~~。
なんで文鳥って頭の上が好きなのかなあ。


うちでよく交わされる会話

「なあなあ、今乗ってるの誰?」

ちなみに見なくても、7割くらいの確率でどの子が乗ってるのかわかります。
軽いとか重いとか、爪立ててるとか、どすんと乗っかってくる、とかで。
…ちょっと自慢できるかも?


アキです

2005年1月16日 (日)

うちのケージは歪んでる

これはだいぶ前の写真なんですが。

うちの文鳥のケージには、一部分に妙な歪みがあります。
ケージの枠線(?)を広げて指を入れられるようになってるんです。
ある日気づいたら、4個のケージが全部こんな風になってました。
ダンナがやったんです。
ここから指を入れて文鳥たちと遊ぶために。

放鳥するとなかなかケージに入ってくれないので出かける前にちょっと時間があってもなかなか出してやれないんですよね。
そんなときはケージ越しに話し掛けたりするだけではなく、指を突っ込んでコミュニケーションをとるらしいです(笑)

でもこれって結構楽しいんですよ~。

突っ込んだ指への対応もマチマチで、喜んで飛び乗ってくるのがナツとフユ、どちらも♀です。♂のハルとアキは寄ってきても乗ることは滅多にありません。なのでこの写真は結構貴重。
いきなり攻撃してくるのはゴン。痛くは噛まないんですけど。シズを取られると思ってるんです。
及び腰になって逃げてしまうアカンタレはグリ。
ハナは指をグイグイしてきます。

皆さんもどうですか?


ご機嫌、ハル

2005年1月12日 (水)

フユ、初めての卵

日曜、急にフユの元気がなくなりました。
それまでカーテンのひだに出たり潜ったりして機嫌よく遊んでいたのに、ケージの中に入れた直後に。

あ、お腹が重そう…。

これは卵を生むに違いありませせん。
日曜はとても寒かったので、フユを別のケージに移してレフライトを点けて暖かくしてやります。

卵はポコッと簡単に生まれるかもしれない。でももし、詰まって生めないまま死んでしまったらどうしよう!!とそれがいつも心配なのです。一昨年の冬にハナが死にかけましたので…。

フユは6~7時間あとに卵を生みました。生む瞬間は見てないですが。
卵を生んだあとはスッキリと細くなり、忍者のように身軽ないつものフユに戻りました。はー、よかった。


お腹がぼってりと重そうなフユ

2005年1月 7日 (金)

今年はハルがひっぱってます

出窓に飾ってある鏡餅。
その紅白の紙を引っ張っているのは我が家の一番の力持ち文鳥、ハル(♂)です。
ちなみに去年のお正月は白文鳥のハナ(♀)がひっぱってました。
この季節、巣材にしようと躍起なのですね。


2005年1月 4日 (火)

モブログ2

テストその2。
小さなサイズです。

携帯カメラを向けても怖がらなくなりました。
アキです。

pic_0087.jpg

■ここからはPCで訂正■
うわ、写真が横向きだ!失敗、失敗。携帯の方で画像を回転させて送る必要があるんですね。
画像は一番下につくらしい。

カテゴリーは選択できないらしい。旅先などからモブログしたら、家に帰って編集しなおす必要がありそうです。カテゴリー分類はちゃんとしときたいですもんね。


初モブログ!

ここのところの出来事として大きかったことが一つ抜けていました。

携帯電話を買ったのです!!

以前から携帯を持つよう母からうるさく言われていたのですが、父が入院した時に連絡がつかず困ったと泣きつかれてしまったのが一番のきっかけとなりました。あと、ドコモが家族間メール無料になったのも大きかったですね。

機種はmovaのD506i
インスピレーションウィンドウという背面ウィンドウの写真がこの写真です。グリ。

それにしても、文章打つのに時間かかるなあ。疲れてしまいました(^^;

グリ

2005年1月 3日 (月)

今年の初バードウォッチング

近場の山にバードウォッチングにでかけてきました。

えー、本当だったら帰省中のはずなのですが…。
年末に帰省したのですよ。いや、しようとしたんですが、雪に阻まれて引き返してきてしまったのでした。
高速を使って約7時間の行程なのですが、途中で高速が閉鎖になってしまい、一般道もダダ混みな上、チェーンが必要なところもあったので、結局7時間かけてくるっと周って自宅に戻ったという。な、なさけな…。

私たちの帰省を楽しみにしていた義父、義母には本当に申し訳なかったんですが、ダンナが疲労気味だったこともあって、次の日にまた出かけるというのが無理だったのでした。

というわけでゆっくりした元旦を迎えたあと、2日は車で30分ほどの山に野鳥を見に行ったのでした。
今回は収穫がいっぱいでしたよ!初めて見た鳥もいて1時間半ほどでしたがとても楽しかったです。
見られたのは、

・ルリビタキ
・ジョウビタキ(♀)
・コゲラ
・ヒガラ
・メジロ
・ヤマガラ
・シジュウカラ
・アオジ

ヒヨドリ、ムクドリ、ハシブトガラス、ハシボソガラス、アオザギなどはデフォ(笑)

ルリビタキは初めてみました。
青い羽、お腹は褐色。コントラストの綺麗な鳥です。それになんといっても顔が可愛いの!ヒタキ系の鳥は、ジョウビタキもそうだけど目がまん丸で愛らしいのです。

アオジも初めて見ました。
というより初めて認識したというのが正しいと思われます。ぱっと見はマヒワみたいなんだけど、見た目(かたち)はホオジロっぽくて、色が綺麗な黄緑色(黄色多め)なのです。いっぱいいて、地面をつついてました。

それからコゲラ!
こいつがたくさんいたのだ~。キツツキ科なのでコツコツと枝や幹をつつくのです。あっちこっちで コココッ   コココッ    コココッ という音がしまくっている。ちょこまかと忙しなく動く鳥で双眼鏡に入れるのが難しかったけれど、たくさんいたのでなんとか見られました。

コゲラ、メジロ、ヤマガラ、シジュウカラが競って木の実を突ついて食べているという光景もあったりしてとても満足のできる今年初のバードウォッチングでした。

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »