« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004年7月の8件の記事

2004年7月30日 (金)

初キュウリ

先日、風のささやきさんのところのトリちゃんがスイカを食べていたのでうちの子たちにもやってみようと思ったのですが、スイカがない!
なので同じ瓜科のキュウリを決死の覚悟でやりました。

なんで”決死の覚悟”かというと、私がキュウリが嫌いだからなのです。

あの青臭い味もにおいもダメなのです。食べられるのは酢の物などにして味やにおいが誤魔化されているものに限ります。スイカも好きじゃないので滅多に買うことはありません。
しかし夏だけはキュウリも買うのです。ビタミン補給のために。そして酢の物か炒め物にして頑張って食べるのです。

前置きが長くなりました。

文鳥たちにキュウリをやるのは初めてのことです。見慣れぬ形状のものを与えると、ものすごーく恐がる文鳥たち。
まずは食いしん坊のシズのケージにそっとキュウリの切れ端を持って行って様子を見てみました。

…………(警戒)

なんとなく食べ物だということはわかるらしい。
でも恐い。

どうしようか迷いなかがら約3分たちました。
シズはクチバシをムグムグさせて、おまけに喉をゴックンしています(笑)

そして約5分たって。
シズがキュウリに噛み付きました!
最初は恐る恐るでしたが、結構気に入ったらしい。バクバクと食べ始めました。ゴンもそれにならいます。

さて、他の子達にもやってみます。
隣のケージで食べているを見ているので食べ物だということがわかるのでしょう。恐がりもせずいきなり齧り付く。すごいなあ、ちゃんと見ててわかってるんだ~。
他の子たちにもキュウリは非常に美味しかったらしく、みるみるうちに切れ端がなくなってしまいました。
特にお子達はギャングのように貪り食っていました。←ホントにこんな表現がピッタリなの。

ああ、面白かった~。
またやろう。

2004年7月23日 (金)

サービス

暑い日が続きます。

会社に行く前と、会社から帰ってきてからと、日に2回アウターバードバスの水を換えます。
みんな待ちわびていて、水を換えると我先にバードバスの中に飛び込んできます。

今日はサービスのつもりでバードバスの中に小さな氷をひとつづつ入れてあげました。

真っ先に飛び込んで来たのがナツ。

「!!! 何かヘンなものが入ってるわっ!」

驚いて細~くなってしまいました。
驚いた顔と、細くなった体。
…か、かわいいっ!(笑)

氷はすぐに溶け、他の文鳥たちは水浴びを始めたのですが、ナツだけは氷が溶けても細くなったままなかなか水に入ろうとしなかったのでした。

いらんお世話やった?ゴメンネ~(^^;

2004年7月22日 (木)

お気にりの場所

ここ2~3日の、ハナのお気に入りの場所です。

クーラーの専用コンセントにささったコンセントの線の上。

そういえばハナは子供の頃からブラブラしている線の上が好きでした。
この線はブラブラしないんですけどね。

2004年7月19日 (月)

ゴイサギ

うちの家(マンション)のベランダからは川が見えます。
河原や川の浅瀬には水鳥がやってきます。
休みの日にはベランダから双眼鏡で水鳥たちを見たりして楽しんでいます。

この日曜にはゴイサギが2羽やってきてエサを獲ろうとがんばっていました。
ゴイサギはその姿かたちがユニークで、とても好きな鳥なのです。去年は全然見かけなかったのですが、今年は早々に2羽。近くに新しいコロニーでもできたのかな?

ゴイサギは真上からみるとまるでカキノタネ、もしくはゴキブリ(^^;のようなかたちをしているのです。ずんぐりむっくり。尾の部分が短い(というか無いようにに見える)のですね。体の羽は綺麗な藍色。脚は綺麗な黄色で、でもい短い。エサを獲るべく川面に向かって屈んでいる姿が笑いを誘ってくれてなんとも愛らしいのです。


ところで。
我が家のゴンは今日も機嫌良くエサ箱にこもってました。

「ゴン!尻尾折れてるやないの!そんなんばっかりしてたら、今に尻尾がなくなってゴイちゃん(=ゴイサギのこと)みたいになってしまうで!」

そう叱る毎日です(笑)

2004年7月17日 (土)

夜更かし

我が家は帰宅が遅いです。帰って晩ご飯を作って食べて、としていると22:00を過ぎてしまいます。
なので文鳥たちの放鳥タイムはだいたい22:30頃から0:00頃までの間で何十分か。
こんなの本来ならとっくに鳥の寝ている時間です。

そのせいかうちの文鳥たちは鳥のくせにねぼすけなのです。
ケージに薄い覆い布を掛けたままにしていると、朝8:00頃まで静かに寝ているのです。
晩遅いんだから仕方ないですよね。

でも、「これでいいんだろうか?文鳥たちの体に悪くはないだろうか?」とずっと気になっています。


さて今日は(もう昨日ですが)、23:30頃から放鳥していたのですが、うっかりダンナに任せて違う部屋でブログを書いていたら1:30に!慌てて居間に戻るとダンナはまだ仕事中。そして文鳥たちは起きていたのですがネムネム状態でした。可愛い・・・。ああ、でもゴメンね~~。

久々にただの日記など。

■ちょっと前になりますが、右サイドにある green people が別窓表示からリストボックス表示に変わりました。
リストボックス内には、緑好きな人たちのサイトが、更新順に表示されてます。もちろんウチも入ってます(^^)

■あ、green people サイトはJUGEMにあるので今は表示されないですね。
いつになったら復旧するんでしょうか。JUGEMには日参しているブログサイトさんも多いのですが、皆さんお元気でしょうか~!気になります。

■これもちょっと前になりますが、ごくフツウの日記ブログを作りました。
ふ*せん (なんて安直なネーミングなんだ!)
よろしければ覗きにきてくださいね。食べ物率高し、の予定。

■リンク等々をちゃんと整理をしたいこともあって、現在の 右サイドバー付き を 両サイドバー付き に替えてみました。が、表示が崩れてしまいました。cssをいじっているので単純にはいかないのですね(^^;うぐうぐ

2004年7月15日 (木)

暑くても篭ってます

少し前にケージの変更をしたので、ゴンとシズのエサ箱も変わりました。
以前のよりも少し大き目です。

ゴンがエサ箱に篭るので普段は蓋をしていないのですが、あまりにもエサを飛ばすので、ここ2~3日は蓋をするようにしています。


そうするとやっぱり、こもるのだ・・・・・・。
そしてその中でシアワセそうに眠ったりするのだ・・・・・・。
(暑ないんかなあ?)


エサ箱が大きくなったので、ゆったりくつろいでいるように見えます。人間の目には。
あ、でも、ゴンは ぎゅうぎゅう の方が嬉しいのかも~。

なぜ餌箱に篭るのだ と見比べてください。
ゴンにとってはどちらのサイズがよりお好みなんでしょうね(笑)


「広くなって満足~」(ゴン)
と思ってるかどうかは定かではない

2004年7月 4日 (日)

豆苗を食す

ケーとコウさんのところで豆苗を食べたことがないという話があがってました。
そういえば私も文鳥を飼うまでは豆苗の存在すら知らなかったな~ということを思い出しました。

小鳥に良いというのを本で読んで、「こんなん売ってるんかな~?」とスーパーで探したらちゃんと売ってました。主婦失格・・・(笑)
文鳥たちは豆苗をいたくお気に召したようで、本当に嬉しそうに食べるんですね。飼い主も嬉しくなりました。

文鳥が食べる量は少しなので、豆苗を一袋買うと余ってきます。で、古くなってきたら人間も食べるわけです。文鳥には新しいの買ってあげます。だってヤツらは生食ですもん(笑)

ところがどうやって食べるのかよくわからない。生だと独特のアクがありそうだし・・・。
まずは野菜炒めに入れてみました。しかし炒めるとちょっとクセが残る。そして歯に詰まるのだ~!ダンナにも大変不評でした。
次にに入れてみました。これが思いのほか美味しくて、今では鍋に豆苗は欠かせません。
インスタントラーメンに入れても美味しいんですよ~。

豆苗、ほかにどんな食べ方があるでしょうか。

(おまけ)
以前、母と叔母と私がスーパーで買い物をしていた時のこと。
各々が各々の家の買い物をしてました。

私のカゴに豆苗が入っているのを見つけた母との会話。

「豆苗なんてどうやって食べるん!?」(母)
「え?文鳥にやるねん」(ふー)
「なんや、文鳥のエサか」
「そやけど食べたら美味しいねんで」
「どうやって食べるねんな?」
「たくねん。鍋に入れたら美味しいねんで~」
「ふーん・・・・・。今度やってみるわ。」←やりそうにない(笑)

しばらくして、私のカゴを見た叔母との会話

「あんた、豆苗なんてどうやって食べるん!?」(叔母)

以下同文(笑)

食べ慣れない人は相当いそうですね。


豆苗大好き!
(ちょっと前の写真です)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »