« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

2004年5月の9件の記事

2004年5月29日 (土)

文鳥ブログ探索

ブログの検索エンジンはいくつかありますが、日本国内のブログ対象検索エンジンがあったら便利ですよね。
できたらしいです。
日々アレコレ。さんのところで知りました。

未来検索 livedoor

早速、これで文鳥を扱ったブログを探索。
他エンジンでも久しく検索していなかったのですが、すごい!増えてるやん!
嬉しい~。可愛い~。

早速、Bloglines の My Blogs に登録しました。(結局 RSSリーダーはコレ一本に落ち着きました)
時間が出来たらゆっくり遊びに行こうっと(*^^*)

2004年5月28日 (金)

混血

写真はゴン(シナモン・♂)とシズ(桜・♀)の子供のハル(第一子・桜・♂)です。

2羽の間には4羽の雛が孵りました。
上から
 桜・♂
 シナモン・♀
 シナモン・♂
 桜・♀
の順になっています。
見事に2羽ずつ。遺伝の法則の見本?

とても綺麗なシナモン文鳥2羽と、桜文鳥2羽。
だと思っていたのですが、ハルにはシナモン色の部分が1箇所だけあるんです!頬の白いところに。

写真でわかるでしょうか?
最初は汚れかな~と思ってたんですよ(笑)
でもしっかり羽に色がついてるんです。
ちゃんとお父さんとお母さんの血が混じってるのね(^^)


ちょっとだけシナモン色が混じってるハル

2004年5月26日 (水)

避暑。

昨日はいい天気でした。
天気が良いと、レースのカーテン越しとはいえ日光がさしてきます。
そうすると文鳥たちは日光から逃げるようにバードバスの中に避難してしまうんです。チャポンと水に浸かってしまう子も入れば、入り口から頭だけ突っ込んで日除けしている子も。暑いのかなあ。

写真は仲良さそうにバードバスの入り口に留まっているゴン(左)とシズです。

文鳥たちはあまり直射日光が得意ではないようなのです。
お子たちは結構平気なのですが、ハナとシズはかなり嫌なようです。この2羽は同時期に育ちました。育った環境が影響してるのかなあ。


避暑中?
仲良くアウターバードバスの入り口に並んでます。


真上から見るとこんなの。

これを食べるの?

写真は先日の晩ご飯の副菜、ナスの味噌煮(エリンギ入り)です。
これをテーブルに置いた途端、ハナが文字通り飛んでやってきました。そして私の肩の上に。

「あれ~、ハナ、もう(ケージに)入りたいんか?」
違うらしい。

甘えにきたんかなあ。可愛いヤツめ~~(*^^*)
と思いつつハナを残して台所に戻ったら

「あーーっ!ハナッ!」
ダンナの悲鳴が。

食べる寸前でした。ナスの味噌煮を。

ああ・・・・、黒いもんね。ナスの味噌煮。
でもなんであんたはそう黒っぽいもんが好きなのよ?
小さいとき、何か黒くて美味しいものを食べたことがあったかなあ。


おいしそう??

2004年5月20日 (木)

ドラえもんが恐いの?

文鳥は変わった音が聞こえるとものすごく恐がります。
しかし順応力も高いらしく、慣れるのも早いのです。

我が家の文鳥、特にお子達は掃除機を全く恐がりません。ケージの横で掃除機をガーガーかけてても平気で寝てるんです。生まれたときから掃除機をかけられていたのですっかり慣れっこらしいです。
ちなみに親たちは、あまり派手にかけると恐がって暴れ出します。

先日。
放鳥中の出来事。
文鳥たちは各々好きなところに留まってくつろぎタイム中でした。
TVをつけていたらCMになりました。そのCMにドラえもんが出ていたのですが・・・。
ドラえもんの声が聞こえてきた途端、文鳥たちはパニックに!一斉に飛び立って部屋中を飛び回り始めました。
掃除機も平気なのに、ドラえもんの声は恐かったのね(^^;

2004年5月16日 (日)

カーテン大好き

文鳥たちのケージはベランダに面した窓の前に置いてあります。5月になって気温も上がってきたので窓を開けるようになりました。

窓を開けると風が通ります。そうするとレースのカーテンが風にそよいでケージにくっつきます。文鳥たちはなぜかこのカーテンが好きなのです。くっついたカーテンをぐいぐい引っ張っるのが楽しいらしい。

たまに ガッガッガッ! と音がするくらいに引っ張って、レースの一部が延びてしまうことも。や~め~て~(^^;
写真のフユもかなり強力に引っ張ってくれてます・・・。




楽しそうにレースのカーテンを引っ張るフユ

悪党

土曜はバードウォッチングにでかけ、そこでたくさんのカワラヒワを見ました。ダムの近くの木立の中にわさわさといる。大きな声で「キリリ、キリリ」と鳴いています。
カワラヒワは見た目もとてもわかりやすいです。スズメよりちょっと大きいくらいの鳥で、体はオリーブ色。風切羽が黄色いので飛んでいるとすぐにわかります。たくさん飛んでいると黄色が綺麗なんですよ。

悪党---アクトウ。

我が家ではカワラヒワのことをこう呼んでいるのです。カワラヒワくん、ごめんね~(^^;
クチバシが太くて、目の周りが黒っぽいの。そのせいか目つきがすごく悪く見えるんです。カワラヒワを見つけるとつい「悪党おったで~!」と言ってしまうのでした。

この日は他にホオジロ、コゲラ、ウグイス、ツバメなどを見たのですが、他に後ろ姿だけしか見られなかった何なのかわからない鳥がいました。ハトよりずっと大きくて、ウズラみたいなのが2羽、道をテコテコ歩いてたんです。大きさからいってヤマドリなのかな。そうだったら嬉しいのですが。初見なので。

2004年5月14日 (金)

ねずみ男

うちの文鳥たちの換羽もそろそろ終わりに近づいてきました。激しく換羽する子もいれば、ほとんどわからない子もいます。そして不思議なのですが、換羽の時期が皆ちょっとずつずれているのです。兄弟でも違うの。なぜなんでしょう。

今年はハナの換羽が最も激しく、一時期体力を消耗したのかフラフラになっていました。今は綺麗な羽を取り戻しつつあります。

顔の羽が集中的に生え変わったのがナツ(シナモン・メス)とグリ(シルバー・オス)。
これがまたすんごい面白い顔になっていたのです。真正面から見るとまるで ねずみ男!

 ※ねずみ男:水木しげるの妖怪ワールドここ でチェック。

写真は数日前のグリ。
文鳥が動いてしまうのでアップ正面の写真はなかなか上手く撮れません。アゴの下からのアングルになっています。あのツンツンが頬にも生えていて、それがねずみ男のヒゲみたいに見えたんです。

ナツの方がより ねずみ男 似でした。写真が撮れなかったのが残念。
「ねずみ男みたいや~、変な顔~」とからかいつつ愛でていたのですが、そんなナツの換羽も終わったようです。
今は「ナツ~、お前はホンマにカワイイなあ~~」とデレデレしなから見ています。(ナツはうちで一番顔の可愛い子なのです)


ツンツンあごヒゲ?
只今、換羽中。

2004年5月 9日 (日)

お弁当つけて

ご無沙汰しております。季節の変わり目で低血圧に悩まされておりました。ぼちぼち復活を。

さて。
最近お子たちの写真ばかりを載せていたので、久しぶりに我が家の女王様、ハナを。

文鳥たちのクチバシに殻がついていることはよくあるのですが、その回数がダントツに多いのがハナです。
付いていても気が付かない、もしくは気にならないんでしょうね(クス)。


「お弁当付けてどこいくの?」

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »