« 粟穂でたいへん! | トップページ | キーボードの上であそぶ »

2004年4月18日 (日)

粟穂に夢中

粟穂を恐れていたお子達ですが、3日目にしてようやく”おいしい食べ物だ”ということがわかったようです。その後は見事な奪い合いに。
ひと房はみるみるうちに丸坊主姿になってしまいました。

これは新たなひと房を入れた半日後の様子。すでに坊主に近いくらい食べ尽くされていいます。

足でガッ!と押さえつけてたくましく食べているのはフユ。この子は一番食い意地がはっています。

粟部分がなくなっても、文鳥たちには良い遊び道具になっているようで、ひっぱったり、足を乗せてみたり、結構楽しそうです。

美味しい!
「うりゃ~」
うって変わったこの態度!

« 粟穂でたいへん! | トップページ | キーボードの上であそぶ »

「ペット」カテゴリの記事

文鳥」カテゴリの記事

コメント

ふーさん、こんばんは。
粟穂って、ペットショップに売っているんですか?
ウチのコたちも楽しんでくれるかしら…と思いながら読ませて頂きました。
未だに全然、慣れてくれませんけど f(^_^;

こんにちは(^^)
粟穂はずる~っと長いのでペットショップでは吊り状態で売られてました。
我が家では横着して長いままあげたのですが、最初は小さく切ってからあげればよかったな~と今は思っています(^^;

ウチのコたちということは2羽以上いるのですね。慣れてね作戦は進んでるでしょうか。
ウチの子の中にも私にはあまりよって来てくれないのがいるのですが、エサを1粒指でつまんでやると不思議と食べてくれます。遊んでくれなくて寂しいときは「一粒作戦」やってます(笑) お腹を空かせているときは効果大。

作戦は全然ダメそうです(^^;)
生後3ヶ月くらいの文鳥を、1羽譲ってもらう事になっていたのですが
「兄弟が仲良しで引き離すのは可哀想だし、2羽どうぞ」というので、2羽お迎えしたのです。
何をするにも2羽一緒でカワイイのですが、慣れてもらうのは難しそう…

う~む、3ヶ月はなかなか難しいかもしれませんね。
手乗りが1羽いれば、そのうち一緒になって出てきてうっかり肩にとまったりも期待できそうなのですが。
怖がらせない距離からじーっと目を見て話しかけてると少しは慣れてくれるかしら・・・。あとは菜っ葉で釣る作戦などやはり食べ物?

アドバイスありがとうございます。
難しそうだけれど、頑張ってみます(^^)
ふーさんのお家みたいに、仲良く暮らしたいです…。

うちのダンナが最初に飼っていた文鳥はペットショップから連れ帰ったとき既に成鳥だったそうで、しかも手乗りじゃなかったそうです(手乗り崩れだったのかもしれませんが)。でも私が見たときはちゃんと手乗りでダンナにベッタリでした。
カゴに手を突っ込んで嫌がるのをそのまま握ってたんですって。「そのうち慣れた」と彼は言ってます・・・。
オススメできないですけど、こんな方法もあるようです(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7967/458378

この記事へのトラックバック一覧です: 粟穂に夢中:

« 粟穂でたいへん! | トップページ | キーボードの上であそぶ »