« だんご 2×2! | トップページ | やっとリンクを作った »

2004年2月14日 (土)

文鳥の足の裏は冷たかった

 調子が悪くてぐったりと仰向けに寝ていたら、そんなことはおかまいなしに文鳥が頭に乗って来た。

 ドッスン!

 「う、この重さはハルやな・・・」

 八ル(桜・オス)は我が家で一番大きな文鳥です。体重27g。

 頭に乗ったハルは私のメガネのブリッジをガジガジガジ・・・。「う~、やめてくれ~」と言ってもおかまいなし。ハルはメガネをガジガジするのが大好きなのです。そのように育てたのは私ですが(^^;
 しばらく噛んでいたら飽きたのか、最後に私のおでこにダンッ!と飛びのって去って行きました。こ、コラ~~。

 しかしそのときの文鳥の足の裏が冷たくてとても気持ち良かったのです!文鳥の足の裏を感じたのなんて初めてのこと。勢いよく飛び乗ったから足の裏までベタっとついたんでしょうね。もう一回やってくれないものかな。

 

« だんご 2×2! | トップページ | やっとリンクを作った »

「ペット」カテゴリの記事

文鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7967/194499

この記事へのトラックバック一覧です: 文鳥の足の裏は冷たかった:

« だんご 2×2! | トップページ | やっとリンクを作った »