« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004年2月の25件の記事

2004年2月29日 (日)

鰻の頭に群がってる

晩ご飯を食べ終わって休憩していたら妹から電話がかかってきたので隣りの部屋へ移動した。
居間のテーブルの上には食べ終わった食器が乗ったままだった。

ダンナが4羽の兄弟たちをケージの外に出したらしい。
そしてそのまま忘れていたらしい…。

「あれ? なんか文鳥たちが集まってるなあ。
 (集まってる先にある)あの黒い物体は何や?」

そ、それはウナギの頭ーーー!!!

今日の晩ご飯は鰻の卵とじをご飯の上にのせたものでした。うちはいつも丼鉢ではなく深皿に入れて食べているのです。食べ終わった皿の上には鰻の頭が入っていました。(もったいないからせせってます;)
文鳥たちは頭を皿から引きずり出し、さらにテーブルの上から落とし、床に転がった鰻の頭に群がって突いて食べていたのです!あんな塩辛いものを小さな鳥に食べさせてはいけません。あわてて追い払って頭を奪取しました。

しかし。あ、写真を撮ろう~と再び頭を置いて写真撮影を…(苦笑)
鳥たちも驚いたのかその後は4羽全部は寄ってきてくれませんでした。
写真に写っているのはフユ。兄弟の中で一番の食いしん坊さんです。

どうして文鳥たちは魚を見ると目の色を変えるのでしょうか。サイトさんを回っていても魚好きな文鳥が多いようです。不思議です。

Fuyu_Unagi.jpg
「さかな、さかなや~」
よく見たらクチバシに鰻の切れっ端が・・・(汗)

載せていただきました

ペットの缶詰というペットポータルサイトの「特集記事 ブログの魅力 Part2」にインタビュー記事を載せていただきました。うちみたいな”ぼちぼちやってます~サイト”がいいのかなあと思いつつもいっぱい写真を送ってしまったら、可愛い写真をたくさん載っけていただいたので、よろしければ見てくださいね。ああ、つくづく親ばかだわ(*^^;


この特集の中にこんなことが書かれています。

ペット系のブログのなかで、一番数が多いのは「ネコ」ブログだと思います。
どうしてかな?と考えると、個人的な考えですが、「ネコ」を飼っている人は、カメラで写真を撮ったり文章を書いたりするのが好きな人が割合的に多いような気がします。

この文を読んで「うん、うん、そうかもしれない」と納得してしまいました。
ブログ、HPともに鳥サイト以外はあまり訪問したことがないので、猫サイトの数が多いかどうか自分では実感したことがないのですが、こういう分析は面白いですね。そういえば私も大の猫好きだったりします(笑)

猫派、犬派で分けられることって結構あるように思います。私は学生時代ずっと混声合唱をやっていたのですが、女声パートの人は圧倒的に猫好きが多かったです。
鳥好きな人にも何か共通点があったりするのかな? 昔は特別鳥好きではなかったので気にしたことがなかったのですが、調べてみたら面白いかもしれません。

2004年2月27日 (金)

水浴びも一緒

文鳥は水浴びが大好き。
水をかえてやると、われ先に水浴びをしようとアウターバードバスの中に飛び込んできます。

力の強い方がきれいな水での水浴び権を勝ちとることになるのですが、兄弟たちは2羽いっぺんに水浴びをしてしまうのです。容器が大きいからできることとはいえ、ケンカにもならずバシャバシャと。
微笑ましくもあり、忙しなくもあり。

仲良し兄弟であっても特にシナモン文鳥同士、桜文鳥同士の仲がいいので、水浴びは必ずこのペアでしています。もちろん1羽だけでしてるときもあります。1羽の方がゆったりできると思うんですが~。

NatsuAki_Mizuabi.jpg
2羽いっぺんに水浴び。
狭いと思うねんけど~。


2004年2月25日 (水)

後頭部にハゲがある

 暖かい日も増えてきて、そろそろ鳥たちも換羽の季節になるのでしょう。ケージの周りにもちょっとずつ鳥の羽が落ちるようになりました。尻尾がバサバサになってきた子もいます。

 ふと気付くとフユ(桜・メス)の頭の後ろがなんだか変。ダンナが一言。

 「フユ、頭ハゲてるで」

 こ、これはまさしくー!(笑)

 おもしろいので写真をさらします。
 写真ではあまりよくわかりませんが、後頭部の一ヶ所だけきれいに羽がありません。まるで円形脱毛症のようです。女の子なのに~。なお背中の羽がバサバサなのは水浴び直後だからです。

Fuyu_Hage.jpg
こっそり激写!

体重測定

 鳥の健康管理の第一歩、体重測定。

 本にもこんなふうに書いてあったので以前はこまめに測っていたのですが、最近はすっかり怠けています。先日放鳥していたときシズ(桜・メス)がえらく重くなっていたように感じたので、久々に体重測定大会を行ないました。測ったのは3日前の日曜と今日。日が分かれたのは、一度では測りきれなかったからです。

【結果】
カップル その1
 グリ(シルバー・オス・2歳)…28g
 ハナ(白・メス・4歳)…………25g

カップル その2
 ゴン(シナモン・オス・3歳)…26g
 シズ(桜・メス・4歳)…………30g

兄弟たち
 ハル(桜・オス・1歳)…………27g
 ナツ(シナモン・メス・1歳)…26g
 アキ(シナモン・オス・1歳)…25g
 フユ(桜・メス・1歳)…………21g

 え!?やっぱりシズがとても重いです。普段は24gしかないんですよ。そういえば重そうに飛んでいるし、お腹もぽっこりしているようです。たぶん卵があるのでしょう。いつも通りエサをバリバリ食べて元気なのですが、30gもあるとわかってから3日も経つのにまだ卵を生んでいません。卵詰まりにならないか心配です。文鳥って何日間くらいお腹に卵があるんでしょう。

 他の鳥たちはいつもと同じくらいです。
 兄弟たちは卵が孵った順に四季の名前がついているのですが、体重もみごとに並んでいます。末っ子のフユはびっくりするくらい小さくて軽いのですが、兄弟たちの中では一番食い意地がはっています。あんなに食べてるのに、エサはどこに消えるんだろう~?

2004年2月23日 (月)

いつ削除できるようになるのかな

 ぶんぶんさんのココログでココログ容量節約について話題にされています。いろいろ参考になりました。
 私も容量のことはいずれ考えないといけないなあと思いつつ、自分ちのココログが今いくら使ってるのか全然見ていなかったのでこれを機会に見ることにしました。書いている記事が少ないのと写真サイズを1枚15KB前後にしているからでしょうか、まだ5%ほどでした(そ、そうなのか…;)。

 今とても知りたいこと。
 記事を削除すれば、その記事からリンクを張られている画像ファイルも削除されるのでしょうか?
 うーん、ちょっと考えてみても、削除されそうにありません。文章と画像のリンク関係を見て画像を削除してくれる機能がついてるくらいなら、自力で削除する機能があるはずだ…と思う(たぶん)。

 ココログの容量30MBは小さいです。いずれは古い記事を消していくことになると思います。
 記事を消す。でも画像ファイルが消せないんじゃあ容量はさほど復活できません。どうするの?
 うーん、今のところ、アップロードしたファイルと同じ名前のすっごく小さなサイズのファイルを上書きアップロードするしかないのでしょうね。画像サイズが1ピクセル×1ピクセルくらいの小さな画像ファイルだと、せいぜい数バイト~数十バイトでしょうか。
 しかしアップロードしたファイルの名前なんていちいち控えてません。記事を消す前にその記事に載っけてある写真の名前をひとつづつチェックするしかないんでしょうね。写真の場所と名前は画像のプロパティを見ればわかりますが、邪魔くさいです。

 そのうちココログにもアップロードしたファイルを削除する機能がつくのではないかと思っているのですが…。つかないんでしょうか??

【追記】
・極小サイズのファイルアップロードについてはココログのヘルプにちゃんと記述がありました。ちゃんと読まないといけませんね(汗)

・サイズゼロのファイルはWindows附属の「メモ帳」で簡単に作れました。何も書かないで保存すればサイズゼロのテキストファイルができます。これを画像ファイルの名前に変えて上書きアップロードすでばいいんですね。

2004年2月22日 (日)

気持ちよく固まってます

 ゴン(シナモン・オス)はダンナの手が大好きです。
 今日もケージの中に手を入れたらすかさず乗ってきて、自分から指の隙間にクチバシを突っ込みました。そしてそのままピクリともせずに気持ちよく固まること数分…。

 何回見ても可笑しいって!

 ぎゅって握ってあげなくてもそのまんま固まってます。
 長らく固まっているとシズ(桜・メス)がゴンを突きに来ます。
 ゴン、クチバシを外して「カルルルッ!」と怒る。
 そしてまたクチバシを突っ込んで固まる…。
 大笑いしながら写真をとる人間たち。
 でもまだ固まってる。

 休日は鳥たちとゆっくり遊べるので楽しいです。

GonTukkomi1.jpg
「あ、ぼくの好きな”手”や~!」

GonTukkomi2.jpg
ぐいぐい~
ぴたっ

2004年2月19日 (木)

カゴを開けてるの?

 ガッシャン!ガッシャン!と大きな音がする。文鳥がケージの入り口を開けようとしている!?

 ケージの入り口の金属の丸くなったところを(写真参照)クチバシでグイッと押し上げているのです。そうですね、だいたい3cmくらいは上がっているのではないでしょうか。なかなかの力持ちです。

 この行動、たぶんクチバシでグイグイするのが面白いからやってるだけだと思うのですが、兄弟が協力してケージを開けて勝手に外に出てくる、なーんてことがあったらスゴイですね!(笑)

 うちではアキとフユがよくやっています。アキはオスでフユはメスなので、性別による特徴というのではなさそうです。わりあい他の文鳥も普通にやってそうな気がするのですが、他のお宅の文鳥さんはどうでしょうか。

KagoDeguchi.jpg
写真撮影協力はアキです~。
 

2004年2月17日 (火)

まだまだ初めてづくし

 昨日ドキドキしながら初めてトラックバックをしてみました。(あ、トラックバック野郎以外でです!) トラックバックを辿ってここに来られた方がいらっしゃいましたら、私の納豆トーストは参考になったでしょうか?もしなっていなかったらゴメンなさい。
 というわけで、ココログ、Weblogに関して思ったことを語ってみたいと思います。


 Weblogの面白さは色々あると思うのですが、ひとつはRSS形式で書かれたファイル(自動生成されてますね)のおかげで更新と更新内容をすぐに知ることができるということ、もうひとつは文章中からのリンクの気軽さ、そしてトラックバックというユニークなしくみでしょう。なお記事と記事を繋ぐという意味で、私の中でトラックバックはリンクと同類項に入っています。

 上に書いたことなどはココログの紹介の最初に書いてあることなのですが、紹介されるのと実感するのとは全然違うんですね。またこれらのことは普通に言うところのサイト(ホームページと呼ばれることが多い)とWeblogの大きな違いでもあると思います。

 ココログを初めて2ヶ月弱。最初の頃は「普通のサイトとWeblogの違いっていったい何なの?」という疑問がありました。自分の中でどう切り分ければいいかわからなかったのです。それに対する自分なりの答えも、上のことを実感することで出すことができました。
 RSSのしくみを上手に使うこと、それはコマメに更新をかけることかなあ。「うん、短くてもいいからコマメに書いていこう」
 話題は風化が早いけど、記事と記事の連携が面白い!「記事同士のリンクが上手く使えればいいなあ」  ちなみにサイドバーのリンクは普通のサイトのリンク(=ブックマーク)と同じですね。ここで言っているのはあくまでも記事のリンクです。

 その記事のリンクですが、Weblogを回っているうちに文章中のリンクとトラックバックの違いについてもわかってきました。リンクは相手に知らせずにこっそり…というか勝手に張ることができる。相手さんにはわからないわけですね。それはそれで気軽でいい。一方トラックバックは相手さんに記事を書いたことがわかる。つまりは知らせたいときに使えるわけです。
 しかし実際にトラックバックを使うに当って「果して私のこの記事をトラックバックにしていいのかどうか?」という迷いが生じました。考えるに、トラックバックは相手さんに知ってもらうというのが目的なのではなく、相手さんの記事(=元記事)を見た人が、それについてもっと知りたくなったり話題を広げたくなったときに、ワンクリックで関連した記事が読めるということなのですね。「元記事を読んだ人にとって有益な情報が載っていないのならトラックバックはしない方がいいだろう」というのが現在の私の結論です。
 で、冒頭。私の納豆トーストは参考になったでしょうか?となるわけです。はー、ここまで長かった~(笑)
 迷ってトラックバックにしなかった記事もあります。Bloglinesを使うに当って、Bloglinesを紹介している数カ所のWeblog記事はとても参考になりました。しかし元記事が書かれた時から日が経っていますし、今更「私もBloglinesを入れてみました~」程度の記事ならトラックバックはむしろ邪魔でしょう。

 それにしても(自分のWeblogの)中身よりも型の方に興味がいってしまうのはあまり良くない癖ですね。でもまあ、癖なので(^^;

2004年2月15日 (日)

くつろいでます

 カーテンのひだが大好きで、中にもぐりたいハナ。
 今日のカーテンのひだのループ加減は、ハナにジャストフィットだったようです。
 すごーく満足そうにずっとひだの中にいました。

Hana_Hida.jpg
「いいでしょう~」

チャレンジ納豆トースト!

 以前から話には聞いていた納豆トーストにチャレンジしてみました。一度作ってみたかったのですが、なんとなく実行には至らずじまいだったのです。レシピの写真を見ても「あ~、納豆が上に乗ったトーストやな~」という印象しかなかったので。
 ところが先日WADAさんのところで写真を見て…。豪快でバーン!とインパクトのある納豆トーストがものすごく美味しそうだったのです。すぐに材料を買いに走りました。

 出来栄えは写真のとおり。とても美味しくてダンナにも大好評でした。
 材料は下から
 ・食パン
 ・マーガリン
 ・ガーリックパウダー
 ・味付け海苔
 ・ひきわり納豆(マヨネーズ+付属のタレを半分+付属のカラシ で和えたもの)
 ・プロセスチーズ
 ・七味
 納豆はトースト3枚につき2パックを使いました。

 実は11日にも一度作ったのですが、ちょっと失敗してしまったのです。マーガリン、海苔、マヨネーズ、タレ、チーズに各々塩が入っているので分量を大目にすると塩辛い。あとでたくさんお茶を飲む羽目になりました。今日はリベンジです。

 チーズは私の好みで溶けるものではなくプロセスチーズを使用。今度は味付け海苔ではなく青海苔でやってみようかな。美味しくできてよかったです。また作ろう。

Natto.jpg

やっとリンクを作った

 ココログを始めて最初にスタイルシートを変更し、RSSリーダーを入れ、そしてようやくリンクをつけました。ちょっと順番が違うような気もしますが、スローながらもちょっとずつ進んでます。
 紹介していただいた Web RSS リーダーの Blogliines もすぐに入れて今ではこちらを愛用しています。家でもサーバーPCとノートPCを行ったり来たりしているので、同期をとらなくてもいいのは大助かりです。(ノートPCは非力。でもコタツの上にあるのだ!)

 RSSって面白いなあ!とちょっと感激した私は、”文鳥”のことが書かれてあるものを検索してみました。
 そんな中から今回はココログでお知りになった文鳥飼いの Fancy Pet俺と文鳥と東京と、鳥飼いさんの WADA、そしてココログ以外では はてなダイアリー で文鳥のことを書いてらっしゃる ぶんちょうの小部屋 をリンクに加えさせていただきました。 私は はてなユーザーじゃないのでちゃんとコンタクトがとれていないのですが、もしここにたどり着かれるようなことがありましたら、先日コメント書かせていただいた foo です!

 Weblog で文鳥のことを書いているところはとても少なかったのですが、日本ではまだまだ普及し始めたばかり。文鳥サイト(=普通に言うホームページ)はとてもたくさんあるので、そのうち文鳥のWeblogも増えてくるんじゃないかなあと楽しみにしています。

2004年2月14日 (土)

文鳥の足の裏は冷たかった

 調子が悪くてぐったりと仰向けに寝ていたら、そんなことはおかまいなしに文鳥が頭に乗って来た。

 ドッスン!

 「う、この重さはハルやな・・・」

 八ル(桜・オス)は我が家で一番大きな文鳥です。体重27g。

 頭に乗ったハルは私のメガネのブリッジをガジガジガジ・・・。「う~、やめてくれ~」と言ってもおかまいなし。ハルはメガネをガジガジするのが大好きなのです。そのように育てたのは私ですが(^^;
 しばらく噛んでいたら飽きたのか、最後に私のおでこにダンッ!と飛びのって去って行きました。こ、コラ~~。

 しかしそのときの文鳥の足の裏が冷たくてとても気持ち良かったのです!文鳥の足の裏を感じたのなんて初めてのこと。勢いよく飛び乗ったから足の裏までベタっとついたんでしょうね。もう一回やってくれないものかな。

 

2004年2月12日 (木)

だんご 2×2!

 やっと連なった羽だんご文鳥が撮れました! しかし4連になっていることは滅多にないので、2連×2にとどまっています。

 鳥って1日のうち何度も寝たり起きたりしているのですね。どういうサイクルで寝ているのかそのうち記録しなければ。

 ぐっすり眠っている時は、声を掛けても眠そうに目を開けてチラッとこっちを向くだけで、またさっさと寝てしまいます。天敵が襲ってこないからのんきに寝ていられるんだぞ~。

Dang2X2.jpg
ぐっすりお休み中の4兄弟姉妹
オスとメスでくっついてます

2004年2月11日 (水)

水鳥を見に

 久しぶりに水鳥が見たくなったので近くの海と川尻にでかけてきました。ちょうど潮が満ちていて干潟は小さくなっていて水鳥は少なかったのですが、それでも何種類か見られました。水鳥は山の鳥と違って一箇所に留まっている時間が長いのでゆっくりと眺められていいです。日も照って暖かかったのでのんびり観察。
 11:30頃から2時間くらい見ていたのですが、ちょうど水浴びタイムだったらしく、ツグミとムクドリがいっしょに水浴びをしていました。

 写真はイソシギ。図鑑によると若いイソシギだと思われます。成鳥は色がもっとグレーっぽい。水浴びをした後らしく、30分以上かけて羽をブルブル、羽繕いをしていました。この写真もオシリをプルプルさせているところかな?

 デジカメで野鳥を撮るのは至難の技です。たくさん撮ったのですが、ほとんどピンぼけ。距離が遠いのが一番の問題なのでしょう。数枚だけきれいに撮れたものは(この写真もその中の1枚)、デジカメ用望遠レンズを付けてミニ三脚を立ててレリーズで撮ったものです。撮影者は写真が趣味なダンナ。

【今日の野鳥】
 アオサギ、 ダイサギ、コサギ、カワウ、いろんなカモ、セグロセキレイ、イソシギ、ツグミ、ムクドリ

Y_Isoshigi.jpg

鳥に見えるかな

 写真をたくさん撮ってみて、初めてわかったことがありました。

 文鳥って時々すごく変な格好になってる!

 文鳥のように小さな鳥は動きがチョコマカしているので目で見ているときは気付かないのですが、動きのワンカットだけを見てみると、かなり変な格好をしてるんですね・・・。

 今日の写真はちょっとピンボケです。
 カーテンボックスの上で羽繕いするグリ(シルバー・♂)。
 「あんた、ほんまに鳥!?」 と言いたくなるような姿です。

Guri_hen2.jpg Guri_hen1.jpg

キジバトのヒナ

 自前のデジカメで1枚撮ってきました。
 これはちゃんとはっきり写っていますね。親バトとは似ても似つかないですが、羽の模様を見ると、ああキジバトなんだなあと思います。
 
 写真を撮っていたのはほんの20~30秒だったのですが、どこか近くで親鳥が見ていたのでしょう、慌てた様子で飛んできました。これ以上驚かしてはいけないですね。じっくり観察するのはこれでお終いにしましょう。

Kijibato2.jpg

2004年2月 9日 (月)

ケンカの跡

 ♂と♂同士だけでなく、♀と♀同士もケンカが激しいです。
 昨日の日曜もカーテンボックスの上のベストポジションを巡ってハナ(白・♀)とシズ(桜・♀)が大喧嘩!昔はあんなに仲がよかったのになんでなの。
 鳴き声もすごい。「ガルルッ!」「カルルルルッ!」「ギャッ!」とか(笑) あまりに喧しいので「あんたら、ええ加減にしぃやっ!」とまるで子供に言うように怒ってしまいます。そんなので止めるわけないんですけど(^^;

 文鳥の場合、たいていクチバシでの応酬となるので、ケンカの後にはクチバシの表面がボロボロになります。写真のハナのクチバシも表面が白く剥がれかかっています。わかるかな。
 ハナはオスが相手でもメスが相手でも絶対に引かないので、ボロボロになるのも一番激しいのです。

 初めてボロボロのクチバシを見たときには「病気!?」と驚いたのですが、単なるケンカの跡でした。クチバシって人間の爪みたいなもんなのでしょうか。結構やわらかいようです。昨日も半日もしたらほとんど元どおりに治っていました。

HanaKuchibashi.jpg
ケンカの後、 あまえに来たハナ

2004年2月 7日 (土)

餌箱ごもり、その後

ゴン(シナモン・♂)がエサ箱にこもったあとの惨状です。
たまに中でゴソゴソ暴れすぎてふたが外れてしまうんです。

シズが外れたふたの隙間からエサを食べています。
もちろんふたは写真を撮ったらすぐにもとに戻しました。

エサ箱の下も見てください!すんごい量のエサが落ちてる~~~。
ゴンがゴソゴソ暴れるからです。困ったものです。

ちなみになぜエサ箱にふたをしているかというと、文鳥はエサの中にクチバシを突っ込んでかき回す癖があるからなのです。ガサッ!ガサッ!と大胆に頭を振ります。おかげでケージの外がエサだらけ。今まで20羽近くの文鳥を飼ってきましたが、どの文鳥もそうでした。これはリビングで飼うにはちょっと辛い。なので2年くらい前からふたをするようにしているのです。
ふたをしてもエサの殻は飛び散るのですが、それでもふたをするのとしないのとでは掃除の手間が大違いなのです。

EsabakoAfter.jpg

雛はやっぱりかわいい!

 金曜日、通勤途中でのことです。会社も間近という道端でバサバサという羽音がしました。ふと見ると木の中に鳥のヒナがいるではないですか。
 クゥクゥ、クゥクゥと小さな声で鳴いています。かなり大きな鳥です。どうもキジバトのヒナのようです。2羽いたのですが、羽も揃っていて巣立ちも近そう。月曜にデジカメを持ってきてももういないかもしれない。ということで、会社にデジカメを持ってきていた方に頼んで写真を撮ってもらいいました。そして今日、その写真を送ってもらったのでお披露目。可愛いですね。
 なお、よく観察したら、ヒナのすぐ近くに親鳥のキジバトがいました。じーっとこちらを見ていました。じゃましてごめんね。

Kijibato.jpg

ちょっとだけblogをお勉強

 RSSというのが何なのかよくわからなかったので、先週はお昼休みにちょこちょこ~とネットを回って記事を読んでいました。そうしたらなんとなくWeblogのこともわかってきました。
 そこで「Weblogを楽しむためにRSSリーダーを入れてみよう!」と思い、早速いれてみました。

 主なRSSリーダーの一覧はココログにもあがっています。ひとまず3つくらい試してみたのですが、私のノートPCは非力なので軽いパラボラミニを使うことにしました。

 ファイルをダウンロードしてきて解凍し、実行。「+」のボタンをクリックして「チェックしたいサイトのRSSのURLを入力してください」というところにサイトのURLを入力して、「↓」の記事読み込みボタンをクリックするも、なにもおこらない……。よく見ると「RSSのURLを」って書いてある!「サイトのURL」と違うんや。いや~、失敗、失敗~。ところでRSSのURLって何!?
 ……わかりました(^_^ゞ 日頃「これ何やろう?」と思っていた自分のココログサイトにある「このサイトと連携する」です。ここにRSSのファイル(ココログなら index.rdf)があるのですね。「このサイトと連携する (XML)」の上で右クリックして「ショートカットのコピー」をすると、RSSのURLが得られました(IE6の場合)。
 で、文鳥飼いさんのFancy Petさんと、俺と文鳥と東京とさんのサイトで「このサイトと連携する (XML)」を右クリックしてみる。なんだか嬉しい!(笑) このURLをソフトに登録して、再度チャレンジ。そうすると記事のタイトルと概要が一気にずらずら~っと出てきました。
 おお~、これは素晴らしい!RSSリーダーを使うと、お気に入りのサイトさんのRSSのURLを登録さえしておけば好きな時にクリックひとつでどんな更新があったかわかるわけですね。気になる記事があれば、ダブルクリックしてサイトさんへGO!時間のない人にとってこんな便利なしくみ&ツールはないでしょう。ありがたい。
 
 実際にRSSリーダーを使ってみて、RSSが何なのかということもわかってきました。ぼちぼちとうまく使えるようになればいいなあと思っています。

2004年2月 4日 (水)

ちゃんと乾かしましょうね。

 先日、ゴン(シナモン・♂)のおなかのあたりにエサの殻が幾つもくっついているのを発見しました。もちろんそれはゴンがエサ箱に篭るからなのですが、
 「鳥の羽ってツルツルやのに、なんでくっついてんの?」
です。

 そして今日、その原因が判明しました。ゴンは水浴びをしたあと、きっちりと最後までブルブルしないのです。写真で胸の辺りがヘンな模様になっていますが、模様になっている色の濃いところは水に濡れているのです。 

 ゴンはそのまま機嫌よくエサ箱に入っていきました。生乾きのままだとエサの殻もくっつくわけですね。

 この横着モノめ~!

GonMizuabigo.jpg

2004年2月 3日 (火)

おしりが見えてます

 この時期、文鳥たちは巣になるようなところを探し回ります。そして奪い合いになるのがカーテンのひだ。かなり熾烈な争いが繰り広げられます。
 このときはつがいの2羽だけしか出していなかったので、ハナ(白)が悠々とひだにもぐったり出たりしています。

 あのね、頭から突っ込むとお尻が丸見えになるよ(^^;

 こんな恥ずかしいもぐり方をするのはハナだけです。

HanaOshiri.jpg
ハナ、お尻が見えてるよ?
HanaOshiri2.jpg
「もう~!
 ヘンなとこ撮らないでよっ」


ハナは表情が豊かな子です。
怒ると本当に目が三角になるんですよ。
この写真もかなり本気で機嫌が悪いです(笑)

2004年2月 2日 (月)

久しぶりのバードウォチング

 今日…じゃなくてもう昨日ですが、久しぶりにバードウォッチングにでかけてきました。
 買い物に出かけたついでに近くの山へ行くことにしました。3時半頃から5時過ぎまで、双眼鏡と野鳥図鑑とデジカメを持ってのんびり山を歩きながら観察しました。
 文鳥を飼い始めてから散歩程度に見ているだけなので、野鳥そのものに詳しくはありません。図鑑と首っ引きです。

 ちょうど日が暮れる前になりますので、鳥がねぐらに戻ってくる時間帯です。午前中や昼間は樹の上でさえずる鳥も、夕方は草むらに降りて地鳴き状態なのでなかなか見つけることができません。いっぱい鳴いているのに姿は見えず~~と残念がっていたのですが、それでも何種類か見ることができました。

●今日の野鳥
・アオバト
 はじめて見ました。抹茶をまぶしたような緑色で綺麗です。足元から飛び立たれて驚きました。
・シジュウカラ
 胸に黒いネクタイ模様があるので判別しやすい。チョコマカした動きも可愛らしく、好きな鳥です。たくさんいました。
・ハクセキレイ
 結構どこにでもいます。尻尾がピンコピンコしておもしろい。
・ジョウビタキ(♀)
 目がまん丸で可愛いのです。赤褐色の色が綺麗。残念ながらオスを見たことがありません。
・ツグミ
 群れをなしていることが多いのですが、今日は1羽だけ。胸元の模様がきれいです。
・ヤマガラ
 あまり見ないので見られて嬉しい!
・ヒヨドリ
 どこにでもいっぱいいます。うるさいです(笑)

 家に帰って文鳥たちを見て、「今日見た野鳥とどっちが可愛い~?」と聞いたら「うちの文鳥に決まってるやないか」と言われました。アホですね~、聞くほうも答える方も(笑)

2004年2月 1日 (日)

あらら…。

 久しぶりに単なる日記です。
 css にはいろいろ問題があるのですね。自分の投稿で css が元に戻ってしまうのはまあいいかと思っていたのですが、とにかく投稿すると書き換わっちゃうのか。あらら~です。あーびっくりした。
 styles.cssは、自ページのhtmlソースを見たらリンク場所がルートだったのでuploadして書き換えちゃったんですが、それだけではダメなのですね。皆さん変えてらっしゃるので簡単にできると思っていたのに。ココログ内を検索したら1ヶ月前に既に皆さん試行錯誤して解決してらっしゃるようですね。すごいよ私、完全に乗り遅れてるよ。
 RSSには詳しくないので、しばらくの間こまめに css をアップロードすることにします。格好悪いですが。時間がとれたら対処したいと思います(汗) 邪魔くさいので元に戻す方法をとるかもしれません(汗汗)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »