« 手の中から脱出 | トップページ | あらら…。 »

2004年1月31日 (土)

なぜ餌箱に篭るのだ

 ゴンは頭を押さえられるのが好きなのですが、それ以外にも他の文鳥たちとは違う変わったクセがあります。なんとエサ箱に篭るんです!

 写真はその現場。狭いエサ箱の中にすっぽりと入り込み、そのままエサを食べたり、気持ち良く眠ったりしています。おまけに中でゴソゴソ動のです。動いて頭をぎゅうぎゅう押し当ててるみたいです。ぎゅうぎゅうするときに体が暴れるのでエサが外にこぼれてしまいます。ゴンのケージはエサ箱の下にエサの山ができるんですよ。もったいない!
 
 ところで同じケージに入っているシズ(♀)です。最初は困ってそっと突ついたりしていたのですが、今では諦めたのかゴンの入っているエサ箱の隙間にクチバシを突っ込んでエサを食べています。

 さて今日は(あ、もう昨日です;)3回に分けて鳥たちを部屋に出しました。8羽全部出すと大騒ぎになって人間に寄ってきてくれないからです。やはり数が少ない方が人と文鳥とのコミュニケーションはとりやすいのです。
 子供たち4羽が私の腕や肩に乗ってしきりと遊んでいました。頭の上でお歌を歌うハル(桜♂)、眼鏡のつるをガジガジするアキ(シナモン♂)、シャツのシワの間に頭を突っ込もうとするフユ(桜♀)、キーボードの上で遊ぶナツ(シナモン♀)。はたから見るとなかなかの光景だと思います。文鳥がいっぱいひっついてるの(笑) シアワセ!

 それから css を少しさわってみました。もうちょっといじりたいんですがあまり時間がとれないのでひとまずここどまり。うーむ、しかしやはり問題は「センス」ですな(汗)

Esagomori.jpg
困ったなあ~のシズ
ご満悦のゴン。
尻尾折れ曲がってるよ?

« 手の中から脱出 | トップページ | あらら…。 »

「ペット」カテゴリの記事

文鳥」カテゴリの記事

コメント

ふーさん、こんにちは。

思わず笑っちゃいました。可笑しいです。ゴンちゃんは本当にせまいところが落ち着くんですねぇ。
文鳥といえども、色々な性格があるんですね。
うちのはちょっと凶暴な甘えん坊ってとこかな。

こんにちは。
これ、ぜーったい可笑しいですよね!何度見ても笑えます。最初のうちは私が覗きに行くと慌てて出てきたんですが、最近では顔だけ出してこっちを見て、また平然とひっこむんですよ。
うちには「かなり凶暴な甘えん坊」もいますが、本当に色々です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7967/151209

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ餌箱に篭るのだ:

« 手の中から脱出 | トップページ | あらら…。 »