« ダンゴとダルマ | トップページ | なぜ餌箱に篭るのだ »

2004年1月28日 (水)

手の中から脱出

 ゴン(♂)は手の中に握られるのが大好きです。そして頭のてっぺんを押してくれとねだります。指でグイグイっとおさえてやると気持ちよく目をつぶって固まってしまうんですよ。笑えます。
 自分の思うように頭を押してもらえないと「カルルルッ!」と怒ります。指を噛んで催促します。「もっと頭おさえてよ!」と。催促なので本気では噛みません。

 写真のゴンは握られることに飽きて手の中を出て行こうとしているところ。カメラを取りにいっている間に飽きてしまったんですね。このあと、握っているダンナはゴンに本気で噛まれていました。
 それにしてもゴンの頭は平べったいです。押さえやすいようになってるのかな?(笑)

 うちの文鳥を見る限り、子供の頃はみんな手の中が好きなのですが、大人になるにつれてそうでなくなってしまいます。生まれて1年が境のように思います。
 それでもオスはまだ握らせてくれるんですよ。メスは本当に握られるのを嫌がります。なぜなんでしょうね。

 さて今日は久しぶりに暖かかったので、ベランダに鳥かごを並べて日光浴をさせました。鳥にも日光は大切だそうです。以前獣医さんに聞かれました。太陽に当たってますか?って。うちはレースのカーテン越しに毎日太陽の光に当たっていますが、今日は15分ほど直射日光の下でした。

GonEscape.jpg

« ダンゴとダルマ | トップページ | なぜ餌箱に篭るのだ »

「ペット」カテゴリの記事

文鳥」カテゴリの記事

コメント

ふーさん、こんばんは。
そちらのゴン君は握らせてくれるのですね。
家のグーは、オスですが握らせてもくれません…。
やはり、雛の頃からにぎにぎしておけば良かったのでしょうか?羨ましいです。

文鳥は犬や猫のようにゆっくりなでさせてくれないので、にぎにぎは滅多とないじっくりスキンシップだったりします。でもゴンは私にはなかなか握らせてくれないんですよ!大きな手が好きみたいです。
グーちゃんも今からチャレンジ…は難しいでしょうか(^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7967/144255

この記事へのトラックバック一覧です: 手の中から脱出:

« ダンゴとダルマ | トップページ | なぜ餌箱に篭るのだ »