2015年5月16日 (土)

クチバシを切る

ナツのクチバシを切りました。

ちょっとスッキリ?
Natsu_20150501_1
 
今年になって上クチバシの先が1mmほど伸びていたのですが、ここ数日でもう1mmくらい伸びてきました。餌が少し食べにくそうだったので、びっくりして死んだらどうしよう!?という心配もしないではなかったですが、「手に入れいて~」とケージから出てきて寝入ったところを、鼻毛切り用の先の丸いハサミで切りました。
 
爪のようにやわらかかったので、とても簡単に切れました!
なーんだ、もっと早くに切ってあげればよかったわ。
 
ただし、固いと大変かもしれませんので、心配でしたら獣医さんにお願いしましょう。
 
 
 
実は5月に入ってから2回目の体重激減となり、昨晩とうとう21gを切りました。たぶんもう、本当にお別れの時がやってきたようです。
 
Natsu_20150501_
 
ここ2~3日、目が覚めて餌を食べて。ケージの扉が開いている先に私を見つけたら、足を掛けて必死で出てこようとするのです。握られるのが大嫌いだったナツが、手の中で眠りたいと言ってくるんです。ここまで”甘えたい”を全面に出してくるのは、これもお別れが近い証拠でしょう。ハルもそうだった・・・。
(なお、私がケージの中を見やすくするため、在宅中は扉を開けてあります。プチプチで覆っているのでナツは出られません)
 
 
Natsu_hime_20150501_
 
 
ずっと手に握っているわけにもいかないので、ホットカーペットの電源を入れてしばしフリースの山の中で寝てもらいました。
ヒメを出すとナツの傍に行き、隣で寝てました。たまに突いてましたが(^_^; そしたらナツ、寝たままクチバシだけ開けて首を振って怒ってました。弱々しい振りでしたけどね。
外に出しているとエサ食べられないので、しばらくしたらケージに戻します。
 
 
エサはガツガツ食べてますが、すぐに食べるのを止めてしまう。クチバシでパチパチ皮は剝いている。でも全部は飲み込んでいなくてこぼしている。どれくらいちゃんと食べられてるんだろう。
 
それと、4~5日前から好きなエサだけを選って食べるようになっています。
今までこんなことしたことないんですよ。ナツは自分の体に良いと思われることを、自分で調整してやってきた子だから。
ビタミンが必要(と思ってたんでしょう)なら青菜を重点的にバリバリ。ペレットが有効(と思ってたんでしょうね)ならエサよりもペレットをバリバリ。元気になってきたらペレットから普通のエサに切りかえてバリバリ。
 
今は好きなエサだけザカザカ選り分けて食べている。
最後は好きなモン食べるわ~!
なのかな。
 
この子に関しては、飼い主はエサの選定と温度管理だけで、その他は本人にお任せしてやってきました。
だって自分でガッチリやってるんですもん。たぶん押しつけても言うこときかないし。
いろんな意味で、ナツはすごいね! 
 

2015年2月16日 (月)

ナツ、ひなたぼっこ

少しずつ、できることが少なくなってきているナツですが、その都度それを受け入れて、日々過ごしています。
 
まず12月の半ばに止まり木にとまれなくなり、水浴びも年末を最後にしなくなりました。
1月半ばにはほとんど飛ばなくなっていたのですが、ふとしたことで数10cm飛んだら、「まだまだ飛べるんや!」と調子に乗って、あっちこっちに飛んでみたりしてたんですよ。こういう無謀さがナツらしい。
 
1月末には本当にもう飛ぶことをしなくなりました。さすがにこの時はナツも2日ほどヘコんでましたが、それも受け入れて積極的に過ごすところがナツのすごいところ。
この子ほど、ああ、事実を受け入れたんやな・・・というのが見ていてはっきりわかる子は初めてです。
 
ここのところは、太陽の光が当たる暖かい昼間に少しだけひなたぼっこをする以外は、ケージの中でほとんど寝ています。
 
 
ひなたぼっこ中のナツ。
羽は巻き巻き、ぼさぼさになってきました。水浴びもしてないしね。
Natsu_hinata_150207
 
ひなたぼっこ中も、あまり動きません。
Natsu_hinata2_150214_2
 
口元にエサなどがこびりついていたので、暴れるナツをひっつかんで、水で濡らしてふやかして取っているところ。さすがにナツも観念してました。その後すごく怒ってたけど。
Natsu_hinata3_150207_2
 
 
 

2014年11月25日 (火)

ナツ、12歳になりました!

今日はナツの誕生日。我が家で卵から孵った日です。

12歳おめでとう、ナツ。
今年も1年長生きしてくれてありがとう!
こんなに長く一緒にいられて、飼い主はとても幸せです。
Dsc_2548_3_2
      (電球が切れて赤外線ライトが点いているので背景が赤いです)
 
 
もうカーテンボックスの上までは飛べなくなったけど、今も1mくらいは飛んで来るのだ。
左脚の指がまったくきかなくなってるので、片脚で頭をかくときに勢いあまってひっくり返ったり転がったりもするんだけど、それでも羽繕いに余念がありません。
左足がつかめないので止まり木にもとまれないんだけど、夜寝るときはウォーターサーバーに尻尾を乗せてバランスをとって、止まり木の上にとどまる術を体得したのだ。すごいね!
 
 
こちらはモモ。
我が家、唯一の握り文鳥です。
モモは握るとウットリしするんですが、スマホが恐いのでカメラ写がよくありません・・・;
本日の写真は全て失敗したので、ヒメの写真はありませんcoldsweats01
Dsc_2556_2

2014年7月27日 (日)

暑いので水浴びも3倍

ものすごく暑い日が続きますね。
文鳥たちもさすがに暑いのか、水浴び回数が跳ね上がり…。


水浴びは毎日1回だけ、バードバスでさせてるんですが、若者は3回も4回も水浴びをして、敷紙をびちょびちょにしてくれます。
一方、お婆ちゃんのナツはというと、冬の間は3日に1回くらいしか水浴びしないようになっていました。ところがここのところ、毎日するようになりました。そして昨日はなんと3回も!
プルプルしたあとは気持ちよさそうでした。

Natsu
今回は右側からの写真です。
ちゃんと見えている方の目なので、はっきりした表情。
スマホが恐いので緊張してますが(^_^;



後ろの方に写っている青菜は久しぶりのシロナです。
文鳥たちは小松菜よりもシロナが好きみたいです。飼い主もシロナが大好き!厚揚げと炊いたのなんて最高~!昔、まだ小松菜が珍しい野菜だった頃は、青菜といえばシロナだったのに、最近は流通が少なくなりました。

そして後ろにたくさん見えているのは滑り止めにテープを巻いた止まり木です。
2ヶ月くらい前に突然、左脚の指が全く掴めなくなってしまったナツ。頻繁に止まり木から落ちるので、止まり木の位置をさらにぐっと下げました。ナツは止まり木の下を這ってくぐるように移動しています。すごいスピードで(笑)

普段は床で過ごしているナツですが、寝るときは危険回避本能からなのか止まり木に乗って寝ようとします。夜中何回かずり落ちてるみたいですが、止まり木の上の方が落ち着くんでしょうね。

 

2014年7月25日 (金)

出せ出せ攻撃

仕事から帰宅すると、ナツ、ヒメ、モモの3羽が猛烈に鳴き、帰宅を歓迎してくれます。

窓の外から小さい声で「ただいまー」と言うと、家の中からものすごい勢いで鳴いてくれるのだ。
そしてどの子よりも大きな声で、必死で鳴いてくれるのがナツ。これは昔からずっと変わりません。
人語に変換したら「出せー!出せー!」とか、「水浴び、水浴びー!」って言ってるんだろうけど、飼い主は嬉しいです。

さて。放鳥すると、ヒメとナツはカーテンボックスの上に陣取り、モモを迎え撃ちます。
Natsu_hime_20140722
ナツが思いっきり威嚇体勢をとってます。
羽はずいぶんみすぼらしくなってしまったけれど、本人はまだまだヤル気満々!



ナツはもうすぐ11歳と8ヶ月。
もしかしたら冬は越せないかも…と心配もしてたんですが、そんな心配もなんのその。今でもケージの上からカーテンボックスまでの約2mを飛んで上がります。すごいよ、ナツ。ただし、たまに失敗するので、いつでも受け止められるよう私が横でスタンバイしてます。

Natsu20140722
ナツの左目は白内障のためあまり見えていません。
なので表情も少しぼ~っとしてますね。
右側の表情はもっと生き生きしてます。



Hime20140522
こちらはヒメにピントが合ってる写真。
これは見事な モチ ですね~。
威嚇してるのでちょっと恐い表情。


ヒメは4歳半。ナツを掴んでケージに戻そうとすると、ものすごく心配して鳴きまくります。
ヒメは本当に穏やかな良い子なんです。
昨年くらいから羽の艶は少し落ちてきたかな。そして、オスがいなくなったせいか、あれだけ産んでいた卵も、先シーズンは1個も産みませんでした。


Momo20140722
モモも2歳になりました。
小さいんですが、筋肉ムチムチで羽もピカピカです。


モモは懲りもせず、飽きもせず、徒党を組んだヒメ&ナツにちょっかいを出しに飛んで行っては、撃退されるのでした。だけどモモはわかっててそれを楽しんでるんですよね~。超ビビリなモモですが、実はとても賢いのです。
それから、モモは女の子なんだけど卵を全く産みません。その方が飼い主としては安心なんですけど、なんでなんかなあ。

«11歳おめでとう!